ギアオイルも要交換

ギアオイルはあまり汚れないので、オイル交換をされない方が多いかと思います。
金属同士が擦れ合うのを防ぐために、オイルがクッションとなっていますが、少しずつ摩耗していきます。
画像は、磁石がついているドレンボルトです。先端の磁石に鉄粉が付着しているのがお分かり頂けるかと思います。
オイルの中にも、鉄粉を吸収しているので、4年に1度で良いので新品オイルに交換しましょう。
該当する車両は、スクーターのギアオイル、2サイクルエンジンのミッションオイル、VMAX等のシャフトドライブ機構のギアオイル。その他、ドライブチェーンが付いていない車両全般はギアオイルが入っていますので交換しましょう。

ギアオイルを交換時、オイルが抜けてこなかった車両です。オイルフィラーキャップからギアボックス内に水が入り、中でグリスとオイルが固形化している可能性があります。このような状態のスクーターのギアボックスは意外に多いです。次第に、ゴロゴロと異音が発生してきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. 不可解な現象

  2. アクスルシャフトのグリスは薄く塗布

  3. タイヤの中に鉄球や卵のような物体の正体

  4. メンテナンススタンドの使い方-2

    バイク用メンテナンススタンドの使い方

  5. ドライブチェーン交換時、既存のチェーンを利用する

  6. タイヤ空気圧調整方法

    バイクのタイヤ空気圧調整方法

  7. ホイールのリムテープの外し方

  8. フロントフォークの種類の違いによる、フロントホイール脱着注意点

    フロントフォークの種類の違いによる、フロントホイール脱着注意点

  9. タイヤバルブの点検

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご覧頂き誠にありがとうございます

ALLメンテナンスのWEBサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。拙い記事で分かり難い点有るかと存じますので、その際はお気軽にご連絡頂ければ幸いです。バイク好きの皆様のお役に立てれば幸いでございます。

純正部品のお見積もり・ご注文

純正部品のお見積もり・ご注文

最近の記事

  1. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける
  2. バッテリー電解液の取り扱いは要注意
  3. エレクトロタップの使用は控えよう
  4. 電球が黒くなっていれば交換
  5. 灯火類のレンズ割れは要交換
  6. イグニッションコイルのアースの錆は失火の原因になる
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事ございましたら、お気軽にお頼り下さい。24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援致します。

お蔭様でご好評頂いております。ありがとうございます。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

PAGE TOP