クーラントの色が茶色になってから交換では手遅れ

冷却水が腐食すると茶色くなります。リザーバータンクをみると、一見FULLとLOWの中間レベルまでありますが、中を覗いてみると、腐食して茶色いヘドロが付着しています。因みに、逆さまにしても中間レベルを指しています。(ヘドロが着色している)
高圧洗浄機のノズルを入れて、洗浄しても、細部までは綺麗になりません。勿論、エンジン内部・ラジエターにもこのヘドロが付着しています。ワコーズから「ラジエターフラッシュ」という洗浄ケミカルがラインナップされているので、そちらでフラッシングすると良いでしょう。リザーバータンクは汚れが気になればパーツのあるうちに交換しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. シリンダー取り外し前に、冷却水を吸い取りましょう

  2. サーモスタットの位置確認

  3. サーモスタット点検・交換方法

    サーモスタット交換方法

  4. サーモスタット点検方法

    サーモスタット点検方法

  5. ラジエターリークテスターで冷却水の漏れ点検

  6. 冷却系の整備小技集

  7. コアガードを自家塗装で小綺麗に

  8. 水温計動作点検方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


本WEBサイトのご説明

ご覧いただきありがとうございます。

本WEBサイトは、バイク整備専門の情報サイトです。

玄人の方が読まれても、新しい発見がある記事作りを心がけておりますのでお楽しみ下さい。

※整備前に、注意事項をご覧下さい。

知って頂きたい整備情報

  1. スパークプラグを外す前にエアブロー
  2. ブレーキディスクは外縁に向かって多く摩耗する
  3. クーラントの色が茶色になってから交換では手遅れ

フィーリングアップする整備情報

  1. スロットルグリップの遊び調整方法 スロットルグリップの遊び調整方法
  2. フロントフォークのオイル交換・スプリング交換方法 バイクのフロントフォークオイル交換・スプリング交換方法
  3. バイクのスロットルワイヤー注油方法 バイクのスロットルワイヤー注油方法
PAGE TOP