シリンダー取り外し前に、冷却水を吸い取りましょう

スポイトを使い、シリンダーに溜まった冷却水を吸い取った後、シリンダーを外しましょう。シリンダーを抜く際に、クランクケース内部に冷却水が落ちるのを防ぐためです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. 吸・排気ポートのカーボンの様子と除去方法

  2. クラッチアームがシャフトから外れない場合の対処法

  3. クーラントの色が茶色になってから交換では手遅れ

  4. ボクサーエンジンはオイルを消費する

  5. クラッチフルード交換方法

  6. ラジエターリークテスターで冷却水の漏れ点検

  7. [故障診断と対策事例]圧縮圧力が異常に低い

  8. 圧縮圧力の測定方法

  9. サーモスタットの位置確認

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


本WEBサイトのご説明

ご覧いただきありがとうございます。

本WEBサイトは、バイク整備専門の情報サイトです。

玄人の方が読まれても、新しい発見がある記事作りを心がけておりますのでお楽しみ下さい。

※整備前に、注意事項をご覧下さい。

知って頂きたい整備情報

  1. 燃料タンクのサビ除去は、2回に分けて行う
  2. クーラントの色が茶色になってから交換では手遅れ
  3. 樹脂パーツの艶出し(光沢復活)方法

フィーリングアップする整備情報

  1. フロントフォーク大気解放方法 バイクのフロントフォーク大気解放方法
  2. フロントフォークフィーリング向上方法 フロントフォークフィーリング向上方法
  3. シフトペダルの高さ調整方法 シフトペダルの高さ調整方法
PAGE TOP