ブレーキフルード劣化の様子

ブレーキパッドやブレーキフルードは2年に一度は必ず点検し、ブレーキフルードは2年に必ず交換しましょう。自動車学校でも学んだように、バイクの中でブレーキは最も重要な装置です。
ブレーキフルードが劣化すると最終的に固形状になってエアーが噛んで制動しなくなります。また、キャリパーの固着も早い傾向になります。

車検が無い250cc未満の車両は、費用が掛からずに嬉しい面がありますが、整備されずいつ故障してもおかしくない車両が多くあります。危険だからというのもありますが、バイクの事を想い整備してあげましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. マスターピストンにグリス塗布でフィーリングアップ

  2. ブレーキフルードの補充方法

    バイクのブレーキフルード補充方法

  3. フロントブレーキパッド交換方法

    バイクのフロントブレーキパッド交換方法

  4. アルミ製バンジョーボルトの締め付けトルクに要注意

  5. ホイール脱着後は、ブレーキディスク清掃

  6. リアブレーキディスクの交換方法

    バイクのリアブレーキディスク交換方法

  7. ブレーキディスク交換時、取り付けボルトも交換

  8. ニップルのメガネレンチに手が届かない場合のブレーキフルード交換方法

  9. ドラムブレーキ固着の大半の原因

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


本WEBサイトのご説明

ご覧いただきありがとうございます。

本WEBサイトは、バイク整備専門の情報サイトです。

玄人の方が読まれても、新しい発見がある記事作りを心がけておりますのでお楽しみ下さい。

※整備前に、注意事項をご覧下さい。

知って頂きたい整備情報

  1. ジェット類・フロートバルブ新品交換の勧め
  2. ブレーキディスクは外縁に向かって多く摩耗する
  3. カーボンの蓄積箇所と対策方法 カーボンの蓄積箇所と対策方法

フィーリングアップする整備情報

  1. フロントフォークフィーリング向上方法 フロントフォークフィーリング向上方法
  2. バイクのスロットルワイヤー注油方法 バイクのスロットルワイヤー注油方法
  3. リアブレーキペダルの高さ調整方法 バイクのリアブレーキペダル高さ調整方法
PAGE TOP