ブローバイが多い場合の原因・対策

ブローバイとは

ブローバイとは、燃焼室で爆発した混合気が、ピストンとシリンダーの隙間を通ってクランクケースに入ってきたものを指します。昔は、これを外へ排出していたそうですが、環境汚染になるという事で、エアクリーナーボックスへブローバイを戻して、もう一度燃焼させようと考え、大半のバイクはこの仕組みを取っています。
エアクリーナーボックス下部に凹みや、ホースが付いている場合は、そこにオイルを溜まるようになっています。

燃焼室にカーボンが付着するから嫌という方は、オイルキャッチタンクをつけて、そこにブローバイを貯めるのも良いかと思います。

そんなブローバイ。もし、エアクリーナーボックスにオイルが溜まっている事があれば、ピストンリングが摩耗していたり、シリンダー・ピストン・ピストンリングに損傷が発生している可能性があります。スパークプラグ交換時にエアブローしないと小石が入り込んで、深い傷やピストン・リングに欠損があるものも珍しくはありません。距離も4~5万キロ乗っていてブローバイが多ければ一度、腰上オーバーホールする事をお勧めします。

ブローバイが多い車両は、空冷エンジンに多いかと思います。空冷エンジンは、ピストンとシリンダーのクリアランスが広めに作られているようで、落ちやすいようです。

ブローバイが多い原因は、もしかしたらエンジンオイル量が多すぎる

エンジンオイル量のはかり方を間違っている事で、ブローバイが多く発生している可能性もあります。
エンジンオイル量のはかり方は、車体を水平にし、オイルフィラーキャップにレベルゲージが付いている場合はフィラーキャップをねじ山に押し当ててオイル量を計測します。
フィラーキャップをねじ込んだリ、車体をサイドスタンドを立てたままの状態で計測するとオイル量が少ない状態になりますので、注意が必要です。
ブローバイが多い場合は、オイル量が多すぎの場合があります。UPPERレベルまでは注いで頂いて結構ですが、UPPERレベルを超えている場合は多すぎるので注意しましょう。
基本、オイルレベルゲージの中間位置~UPPER間に入るようにオイルを注ぎましょう。

安価なブローバイ対策

エンジンオーバーホールは、費用が掛かりすぎるという場合は、別のブローバイの対策として、エンジンオイルをかためのものに変える事がお勧めです。10W40から15W50の粘度のエンジンオイルへ変更する事で、下がり難くします。
あとは、NUTECから販売されているコンプブースト等の圧縮回復剤も効果が見込めるかもしれません。

上記で改善しないようでしたら、オーバーホール時期か、そのエンジンの特性?や泣き所と言えるかもしれません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. リード板の締まり点検

  2. アイドリング困難な程の大量なカーボンを、フューエルワンで除去・改善。

  3. サブエアフィルターの点検・清掃方法

  4. エアージェットの交換方法

  5. キャブレターOH時、ジェット類はキャブクリーナーで約20分漬け置き

  6. 弧を描くタイプの燃料タンクを支える方法

  7. カーボンの蓄積箇所と対策方法

    カーボンの蓄積箇所と対策方法

  8. 保管前・保管後に必ずキャブレターのガス抜きをしよう

  9. 2サイクルエンジンオイルのリザーバータンクジョイントには液体ガスケット塗布

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


本WEBサイトのご説明

ご覧いただきありがとうございます。

本WEBサイトは、バイク整備専門の情報サイトです。

玄人の方が読まれても、新しい発見がある記事作りを心がけておりますのでお楽しみ下さい。

※整備前に、注意事項をご覧下さい。

知って頂きたい整備情報

  1. ブローバイが多い場合の原因・対策
  2. ギアオイルも要交換
  3. ブレーキパッドが脱落すると

フィーリングアップする整備情報

  1. バッテリー充電方法 バイクのバッテリー充電方法
  2. タイヤ空気圧調整方法 バイクのタイヤ空気圧調整方法
  3. ブレーキペダルフィーリング向上方法 ブレーキペダルフィーリング向上方法
PAGE TOP