燃料タンクのサビ除去は、2回に分けて行う

燃料タンク上部の画像です。燃料タンク下部は綺麗にサビが落ちていても、上部にはサビが残っている場合があります。
画像は、説明書通り花咲かGを原液を希釈して燃料タンクキャップから溢れる寸前まで入れた状態です。燃料タンク上部に空気が入り、数日経過した状態です。完全には除去できていないのが確認できます。
燃料タンクの形状や上手く空気を除去できれば、1回で綺麗に除去できるのかもしれませんが、確実に除去するには以下の方法で錆取りを行うと良いでしょう。

サビ取りをする際は、錆取り剤を3分の2程度入れて、錆取りを行います。その後、燃料タンクキャップを取り外して、ゴムキャップを取り付けて燃料タンクを逆さまにして再度錆取りを行います。
これで、燃料タンク内は綺麗に錆取りできます。
サビの除去は下部と上部の2回に分けて錆取りを行いましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. 使用済みガスケットの再利用基準

  2. サブエアフィルターの点検・清掃方法

  3. 湿式エアフィルターの清掃・注油方法

  4. スロットルバルブキャップのガスケット交換

  5. 長く乗りたいならキャブの三又ジョイントはストックしておくべき

  6. ブローバイが多い場合の原因・対策

  7. インシュレーターのヒビ割れ応急処置方法

  8. 吸気&排気系の整備小技集

  9. カーボンの蓄積箇所と対策方法

    カーボンの蓄積箇所と対策方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


本WEBサイトのご説明

ご覧いただきありがとうございます。

本WEBサイトは、バイク整備専門の情報サイトです。

玄人の方が読まれても、新しい発見がある記事作りを心がけておりますのでお楽しみ下さい。

※整備前に、注意事項をご覧下さい。

知って頂きたい整備情報

  1. 弧を描くタイプの燃料タンクを支える方法
  2. ハブダンパーは消耗品、タイヤ交換時に点検
  3. ギアオイルも要交換

フィーリングアップする整備情報

  1. バイクのスロットルワイヤー注油方法 バイクのスロットルワイヤー注油方法
  2. フロントフォーク大気解放方法 バイクのフロントフォーク大気解放方法
  3. ブレーキ性能回復方法 ブレーキ性能回復方法
PAGE TOP