弧を描くタイプの燃料タンクを支える方法

燃料タンク後方を支点として、弧を描くように上がる燃料タンクは、ゴムハンマーをフレームと燃料タンク間に配置して支えにすると良いでしょう。支持棒が付いている場合は、そちらを使用すると良いでしょう。
ゴムハンマーでしたらフレームにも燃料タンクにも傷を与えないのでお勧めです。

出来れば、ゴムハンマーをフレームの端ではなく中央に配置できれば、それに越したことはありませんが必ずしもそこにフレームがあるとは限りません。
車検整備関系、例えばエアフィルターや、スパークプラグの点検程度でしたらこれで問題無いかと思います。それ以上に大掛かりな作業でしたら燃料タンクを外した方が良いでしょう。
尚、ゴムハンマーが外れて手を挟まないよう十分注意して整備して下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. 樹脂パーツの艶出し(光沢復活)方法

  2. キャブレターのガス抜き方法

    キャブレターのガス抜き方法

  3. カーボンの蓄積箇所と対策方法

    カーボンの蓄積箇所と対策方法

  4. スロットルコート

  5. 燃料タンクを外す際は、フレームと燃料タンク間にウエスを噛ます

  6. 外装系の整備小技集

  7. BMWの燃料ホースジョイント対策品への交換方法

  8. キャブレターオーバーホール方法

    キャブレターのオーバーホール方法

  9. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


本WEBサイトのご説明

ご覧いただきありがとうございます。

本WEBサイトは、バイク整備専門の情報サイトです。

玄人の方が読まれても、新しい発見がある記事作りを心がけておりますのでお楽しみ下さい。

※整備前に、注意事項をご覧下さい。

知って頂きたい整備情報

  1. 樹脂は締め付け過ぎすと割れるので要注意
  2. クラッチレバー可動部に注油しないと摩耗・フィーリング低下を招く
  3. ドラムブレーキ固着の大半の原因

フィーリングアップする整備情報

  1. バイクのスロットルワイヤー注油方法 バイクのスロットルワイヤー注油方法
  2. バッテリー充電方法 バイクのバッテリー充電方法
  3. フロントフォークのオイル交換・スプリング交換方法 バイクのフロントフォークオイル交換・スプリング交換方法
PAGE TOP