ドラムブレーキ固着の大半の原因

ブレーキシューを広げるカムシャフトの固着が、ドラムブレーキ固着の大半の原因です。カムシャフトに汚れが堆積しているのが確認できます。この汚れが堆積する事で抵抗となりカムシャフトの動きが鈍くなりドラムブレーキが固着していきます。DIYなら工具さえあればオーバーホール費用は無料なので是非実施してみて下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. フロントブレーキスイッチ交換方法

    バイクのフロントブレーキランプスイッチ交換方法

  2. ブレーキフルードの補充方法

    バイクのブレーキフルード補充方法

  3. 珍しいブレーキパッド

  4. キャリパーのオーバーホール(原因と対処法の簡単な説明のみ)

  5. ピンプラグはラチェットビットで外す

  6. フロントブレーキディスク交換方法

    バイクのフロントブレーキディスク交換方法

  7. リアブレーキスイッチ交換方法

    バイクのリアブレーキランプスイッチ交換方法

  8. リアブレーキフルード交換方法

    バイクのリアブレーキフルード交換・エア抜き方法

  9. ブレーキパッドのスリットも清掃

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


本WEBサイトのご説明

ご覧いただきありがとうございます。

本WEBサイトは、バイク整備専門の情報サイトです。

玄人の方が読まれても、新しい発見がある記事作りを心がけておりますのでお楽しみ下さい。

※整備前に、注意事項をご覧下さい。

知って頂きたい整備情報

  1. 燃料タンクのサビ除去は、2回に分けて行う
  2. ジェット類・フロートバルブ新品交換の勧め
  3. オイルフィルターは、オイルを入れてから取り付け

フィーリングアップする整備情報

  1. バッテリー充電方法 バイクのバッテリー充電方法
  2. ブレーキ性能回復方法 ブレーキ性能回復方法
  3. スパークプラグ交換方法 バイクのプラグ交換方法
PAGE TOP