燃料タンクを外す際は、フレームと燃料タンク間にウエスを噛ます

燃料タンクを外す際、燃料タンクを前傾にするかと思います。その際に、燃料タンクがフレームと干渉して両者の塗装剝げを起こす可能性があります。特に、HONDA CBやYAMAHA XJR、KAWASAKI ゼファーのような、ゆりかごタイプのフレームは塗装剝げするリスクが高いので必ずフレームと燃料タンク間にウエスを噛ませて脱着しましょう。

また、燃料計が装備されている場合、燃料タンクに燃料センサーが取り付けられています。そのカプラーを取り外す際に一旦燃料タンクをフレームに置く場合がありますが、その際にもフレームと燃料タンクが接触する場面があるので、ウエスを噛ませて塗装剝げを防ぎましょう。
塗装が剥げると、みっともないという面もありますが、時間が経過するとそこからサビが発生してきます。それを防ぐためにも、金属同士が触れる場合はウエスを噛ませて塗装剝げを防ぎましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. 外装系の整備小技集

  2. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける

  3. 小傷はコンパウンドで目立たなくなる

  4. 燃料タンクの取り外し・取り付け方法

    燃料タンクの取り外し・取り付け方法

  5. 意外と緩みやすい、サイドスタンド取り付けボルト

  6. 樹脂パーツの艶出し(光沢復活)方法

  7. 汎用の透明ニーグリップパッド

  8. 樹脂は締め付け過ぎすと割れるので要注意

  9. 弧を描くタイプの燃料タンクを支える方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


本WEBサイトのご説明

ご覧いただきありがとうございます。

本WEBサイトは、バイク整備専門の情報サイトです。

玄人の方が読まれても、新しい発見がある記事作りを心がけておりますのでお楽しみ下さい。

※整備前に、注意事項をご覧下さい。

知って頂きたい整備情報

  1. スパークプラグを外す前にエアブロー
  2. ニップルの根元からフルード漏れをするので要点検
  3. 樹脂パーツの艶出し(光沢復活)方法

フィーリングアップする整備情報

  1. ドライブチェーンの張りとアライメント調整方法 バイクのチェーン張り調整方法
  2. チェーン注油方法 バイクのチェーン注油方法
  3. シフトペダルフィーリング向上方法 シフトペダルフィーリング向上方法
PAGE TOP