樹脂は締め付け過ぎすと割れるので要注意

カウル等の樹脂パーツは締め付け過ぎると破損するので、通常はカラーが取り付けられています。画像は、ビキニカウルの箇所ですが、おそらく社外カウルかと思われます。純正でカラーが取り付けられていない箇所もありますので、樹脂パーツを締め付ける際は程々にしておきましょう。特に、画像のようなボルトを樹脂を介して締め付ける場合、ラチェットハンドルを使用する場合は力が加わり易くわれやすいので注意しましょう。

ボルトとワッシャー間にスプリングワッシャーも入れて締め付けると、緩みにくくなります。
もし割れた場合は、プラリペアで修復は可能です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. 汎用の透明ニーグリップパッド

  2. シートの取り外し・取り付け方法

    バイクのシートの取り外し・取り付け方法

  3. 弧を描くタイプの燃料タンクを支える方法

  4. 小傷はコンパウンドで目立たなくなる

  5. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける

  6. 意外と緩みやすい、サイドスタンド取り付けボルト

  7. 樹脂パーツの艶出し(光沢復活)方法

  8. 燃料タンクを外す際は、フレームと燃料タンク間にウエスを噛ます

  9. 外装系の整備小技集

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


本WEBサイトのご説明

ご覧いただきありがとうございます。

本WEBサイトは、バイク整備専門の情報サイトです。

玄人の方が読まれても、新しい発見がある記事作りを心がけておりますのでお楽しみ下さい。

※整備前に、注意事項をご覧下さい。

知って頂きたい整備情報

  1. 樹脂は締め付け過ぎすと割れるので要注意
  2. ギアオイルも要交換
  3. カーボンの蓄積箇所と対策方法 カーボンの蓄積箇所と対策方法

フィーリングアップする整備情報

  1. フロントフォーク大気解放方法 バイクのフロントフォーク大気解放方法
  2. タイヤ空気圧調整方法 バイクのタイヤ空気圧調整方法
  3. シフトペダルフィーリング向上方法 シフトペダルフィーリング向上方法
PAGE TOP