BMWの一部油圧クラッチはブレーキフルードを入れると壊れる

BMWの一部車種の油圧クラッチには特殊な青色のクラッチフルードが使われています。1150シリーズは確か専用のクラッチフルードで、1200シリーズはブレーキフルードだったかと思います。
詳細は、リザーバータンクキャップ上部に記載があるので確認しましょう。クラッチフルードは、青色なので、通常のブレーキフルードではないと気づくでしょう。

専用クラッチフルードにブレーキフルードを入れると、ゴム類を侵し、ブレーキフルードが漏れてきてしまいますのでので、クラッチラインをオーバーホールする必要が出てきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. 吸・排気ポートのカーボンの様子と除去方法

  2. トップブリッジ交換方法

    トップブリッジ交換方法

  3. オイル漏れは対策しよう

  4. キーシリンダー交換方法

    バイクのキーシリンダー交換方法

  5. キルスイッチ交換方法

    キルスイッチ取り外し・取り付け方法

  6. クラッチレバーの遊び調整方法

    クラッチレバーの遊び調整方法

  7. リザーバータンク内の負圧は、ブレーキのフィーリング低下を招く

  8. スロットルグリップの遊び調整方法

    スロットルグリップの遊び調整方法

  9. スイッチボックス交換方法

    バイクのスイッチボックス交換方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


本WEBサイトのご説明

ご覧いただきありがとうございます。

本WEBサイトは、バイク整備専門の情報サイトです。

玄人の方が読まれても、新しい発見がある記事作りを心がけておりますのでお楽しみ下さい。

※整備前に、注意事項をご覧下さい。

知って頂きたい整備情報

  1. 意外と紛失している車両が多い、クラッチピポットスクリューのナット
  2. ドラムブレーキ固着の大半の原因
  3. 弧を描くタイプの燃料タンクを支える方法

フィーリングアップする整備情報

  1. ドライブチェーンの張りとアライメント調整方法 バイクのチェーン張り調整方法
  2. バッテリー充電方法 バイクのバッテリー充電方法
  3. フロントフォーク大気解放方法 バイクのフロントフォーク大気解放方法
PAGE TOP