バッテリー電解液の注入方法

整備情報

  • 時間: 約30分(充電時間を含めると3時間~8時間)
  • 費用: 0円~約15,000円
    • ガスケット:約2,000円
  • ショップ工賃: 約3,000円(充電含む)
  • 難易度: ★★☆☆☆

作業手順

バッテリー電解液の注入方法

密閉タイプのMF(メンテナンスフリー)バッテリーを参考に電解液の注入方法を解説致します。

電解液の注入を行う前に、ご注意して頂きたい点がございます。
電解液は硫酸です。肌に触れた場合は綺麗に洗浄して下さい。また、服に触れると溶けて穴が開きますので取り扱いには十分注意して下さい。

まず、バッテリー上部のシールを剥がします。

電解液を注入していきます。こちらが、電解液ボトルです。

黒い「DO NOT OPEN」と掛かれたキャップを引っ張って取り外します。この黒いキャップは、後にバッテリー上部の蓋となりますので捨てないで取っておきましょう。

黒いキャップを外すと、銀色のシールが貼られています。このシールは剥がさないで下さい。

電解液ボトルをシールを貼ったまま、バッテリー上部に配置して、手で強く叩いて下さい。
シールが破れて電解液がバッテリーに注入されていきます。

この時、画像の右端と左端の電解液が注入されていない事がお分かりいただけると思います。このような場合は、電解液ボトルを上から叩いて頂くと泡が出て注入されていきます。誤って外すと電解液が零れる可能性があるので注意しましょう。

端子のナットとボルトが付属されていますので、仮止めしておきましょう。
電解液ボトルが空になったら、電解液ボトルを付けたまま、20分以上放置して下さい。

20分経過後、バッテリー上部のキャップを確実に取り付けます。キャップは、セットして端から取り付けるのではなく、全体を一度に押すイメージで取り付けます。端から取り付けると、突起が引っ掛かり取り付け出来ませんのでご注意ください。

最後にバッテリー充電を行い、充電完了後に車体に取り付けます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. トップブリッジ交換方法

    トップブリッジ交換方法

  2. フロントフォークフィーリング向上方法

    フロントフォークフィーリング向上方法

  3. フロントブレーキスイッチ交換方法

    バイクのフロントブレーキランプスイッチ交換方法

  4. キーシリンダー交換方法

    バイクのキーシリンダー交換方法

  5. エンジン始動後レッドゾーンまで吹け上がる

    [故障診断と対策事例]エンジン始動後レッドゾーンまで吹け上がる

  6. リアブレーキペダルの高さ調整方法

    バイクのリアブレーキペダル高さ調整方法

  7. クラッチレバーの遊び調整方法

    クラッチレバーの遊び調整方法

  8. エアクリーナーボックスの取り外し・取り付け方法

    バイクのエアクリーナーボックス取り外し・取り付け方法

  9. シフトペダルの高さ調整方法

    シフトペダルの高さ調整方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. ブレーキ部品の役割をカンタン解説
  2. クラッチレバー可動部に注油しないと摩耗・フィーリング低下を招く
  3. クラッチケーブルのワイヤリングミス
  4. 2サイクルエンジンとは
  5. リザーバータンク内の負圧は、ブレーキのフィーリング低下を招く
  6. 4サイクルエンジン(4st,フォースト)とは
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事が出てきましたら、お気軽に相談して下さい。基本、24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援します。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

格安整備済みバイク情報

販売中

整備中

SOLDOUT

PAGE TOP