ステップバーの交換方法

ステップバー交換方法

ステップバーが転倒して削れてしまった場合やドレスアップ目的で交換する機会があるかと思います。
ステップバーに割ピンが使用されている場合、取り外したら新品に交換しましょう。(後述)

今回はステップバーの交換方法について解説します。
是非、参考にして頂きたい。

整備情報

  • 時間: 約10分
  • 費用: 約2,000円
    • ステップバー:約2,000円
  • ショップ工賃: 約500円
  • 難易度: ★☆☆☆☆

作業手順

1.ステップバー取り外し

ステップバー 割ピン マイナスドライバー 入れるステップバー 割ピン マイナスドライバー 入れる2

ステップバーの裏側の割ピンを取り外していきましょう。
割ピンをマイナスドライバーを使い立てましょう。

ステップバー 割ピン 立てる プライヤーステップバー 割ピン 立てる プライヤー2

プライヤーで割ピンを直線上に立てましょう。

ステップバー 割ピン 外す2ステップバー 割ピン 外す4ステップバー 割ピン 外す5

割ピンの足とステップバーのピンを挟むようにして割ピンを取り外しましょう。

ステップバー スプリング 押す2

ステップバーのスプリングを上部から手で押しましょう。
スプリングを押す事でステップバーのピンにテンションが掛からなくなり外し易くなります。

ステップバー スプリング 押す4ステップバー スプリング 押す5

ステップバーのピンを下から手で押し込みましょう。

ステップバー ピン 戻す3

上部からステップバーのピンを引き抜いて取り外しましょう。

ステップバー 取り外しステップバー 取り外し2

以上で取り外し完了です。
反対側のステップバーも同様に取り付けましょう。

2.ステップバー取り付け

ステップバー 取り付け

ステップバーをピン穴に配置しましょう。

ステップバー 取り付け2

ステップバーのピンを途中まで差し込みましょう。

ステップバー スプリング 取り付けステップバー スプリング  押す

スプリングを配置して片手で押し込みましょう。

ステップバー スプリング  押す2ステップバー スプリング 押す

ステップバーのピンを上部から手で押し込みましょう。
ピンが入らない場合は、ステップを揺さぶりながらピンを押し込みましょう。

ステップバー 割ピン 入れるステップバー 割ピン 入れる2

新品の割ピンを差し込みましょう。
取り外した割ピンは金属疲労で強度が低くなり折れる可能性があるので使用は控えましょう。
ホームセンターで購入できるかと思います。

ステップバー 割ピン マイナスドライバー 開くステップバー 割ピン マイナスドライバー 開く2

割ピンにマイナスドライバーを割り込ませて足を開きます。

ステップバー 割ピン プライヤー カシメステップバー 割ピン プライヤー カシメ2

割ピンの足を開いてステップバーのピンを覆うようにカシメましょう。
カシメる際は、足をしっかりと開いてください。
カシメがあまいと割ピンが外れる可能性があるので確実にカシメておきましょう。

ステップバー ピン 戻す

以上で取り付けは完了です。
反対側のステップバーも同様に取り付けましょう。

まとめ

  • ステップバー取り外し・取り付け時、スプリングを押し戻しながらピンを抜く
  • ステップバー取り付け時、割ピンは新品し確実にカシメる

Q&A

  • Rピンの使用はダメですか!?割ピンみたいに取り外す度に取り換えなくていいと思ったのですが。
    • Rピンはライダーのパンツの裾に引っかかって抜けてしまい、最悪ステップバーが外れる危険性があるので割ピンを使用しましょう。便利なのですが安全性に欠けるデメリットがあります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. バイクを分解・組立する上での注意点

  2. 固着したネジは、ラチェットビットで9割解決

  3. 締め付けトルク単位変換表 N-m kg-m

    締め付けトルク単位変換表(kg-m⇔N-m)

  4. エアクリーナー交換方法

    バイクのエアクリーナー交換方法

  5. [まとめ]バイク保険ノウハウ

    [まとめ]バイク保険ノウハウ

  6. エンジン始動後レッドゾーンまで吹け上がる

    [故障診断と対策事例]エンジン始動後レッドゾーンまで吹け上がる

  7. プラグの締め付け角度・トルク一覧表

    プラグの締め付け角度・トルク一覧表

  8. 分解前に心配なら写真を撮影する

  9. フロントスプロケット(ドライブスプロケット)交換方法

    バイクのフロントスプロケット交換方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご覧頂き誠にありがとうございます

ALLメンテナンスのWEBサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。拙い記事で分かり難い点有るかと存じますので、その際はお気軽にご連絡頂ければ幸いです。バイク好きの皆様のお役に立てれば幸いでございます。

純正部品のお見積もり・ご注文

純正部品のお見積もり・ご注文

最近の記事

  1. 分解前に心配なら写真を撮影する
  2. メモ書きをキーシリンダーに挿してミスを無くそう
  3. 意外と緩みやすい、サイドスタンド取り付けボルト
  4. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける
  5. バッテリー電解液の取り扱いは要注意
  6. エレクトロタップの使用は控えよう
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事ございましたら、お気軽にお頼り下さい。24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援致します。

お蔭様でご好評頂いております。ありがとうございます。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

PAGE TOP