サービスマニュアルの略号一覧

  • Assy.:アッセンブリ。分割できる部品の集合した状態を示す。
  • R.:ライト。車体進行方向の右側を示す。
  • L.:レフト。車体進行方向の左側を示す。
  • IN:インテーク。吸気側、または内側を示す。
  • EX:エキゾースト。排気側、または外側を示す。
  • STD:スタンダード。
  • OP:オプション。
  • OS:オーバーサイズ。
  • L(100L):リンク数(100リンク)
  • C2:カウンターシャフト2速ギヤ(数字はギヤの段数を表す。)
  • M5:マインシャフト5速ギヤ(数字はギヤの段数を表す。)
  • rpm:1分間の回転数
  • BTDC:上死点前
  • ATDC:上死点後
  • BBDC:下死点前
  • ABDC:下死点後
  • AC:交流電流
  • DC:直流電流
  • CDI:容量放電点火
  • 4P:カプラーのピン(端子)の数

部品に取り付け方向性がある場合、識別記号で判断する。

  • IN:内側あるいは、吸気側に向ける(矢印や三角マークがある場合は、マークを内側あるいは吸気側に向ける)
  • TOP:上側に向ける。(文字の上下が正しく見えるようにする)
  • UP:上側に向ける。(文字の上下が正しく見えるようにする)
  • UP△:△を上に向ける。(矢印の場合もある。)
  • F←:矢印を前に向ける。(三角の場合もある。)
  • R(RH):車体進行方向の右側に組み付ける。矢印や三角があればマークを右側に向ける。(あるいは右側用を示す。)
  • L(LH):車体進行方向の左側に組み付ける。矢印や三角があればマークを左側に向ける。(あるいは左側用を示す。)
  • F(FR):車体の前側を示す(あるいは前側用を示す。)
  • R(RR):車体の後側を示す(あるいは後側用を示す。)
  • OUT(OUTSIDE):マーク側を外側に向ける。
  • LOWER:下限を示す。
  • UPPER(FULL):上限を示す。
  • ⇦:回転部にある場合、その回転部品の回転方向を示す。

その他、部品にポンチマーク(・)がある場合、方向性や合わせ位置を示しているため、組み付け時に良く確認する。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. バイク整備マインド

    バイク整備における状況判断の考え方

  2. 整備する前に知っておきたい、「ねじのメカニズム」

  3. KAWASAKI(カワサキ) サービスデータ検索

  4. プラグの締め付け角度・トルク一覧表

    プラグの締め付け角度・トルク一覧表

  5. 意外と緩みやすい、サイドスタンド取り付けボルト

  6. シフトペダルフィーリング向上方法

    シフトペダルフィーリング向上方法

  7. タップ下穴寸法一覧表

    タップ下穴寸法一覧表

  8. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける

  9. バイクの定期点検事項と整備方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


本WEBサイトのご説明

ご覧いただきありがとうございます。

本WEBサイトは、バイク整備専門の情報サイトです。

玄人の方が読まれても、新しい発見がある記事作りを心がけておりますのでお楽しみ下さい。

※整備前に、注意事項をご覧下さい。

知って頂きたい整備情報

  1. 弧を描くタイプの燃料タンクを支える方法
  2. カーボンの蓄積箇所と対策方法 カーボンの蓄積箇所と対策方法
  3. タイヤ交換時ホイールの内側を清掃

フィーリングアップする整備情報

  1. リアブレーキペダルの高さ調整方法 バイクのリアブレーキペダル高さ調整方法
  2. チェーン注油方法 バイクのチェーン注油方法
  3. タイヤ空気圧調整方法 バイクのタイヤ空気圧調整方法
PAGE TOP