走行前点検

運転する前に点検は法で定められています。これら項目は、安全に走行すために必要な最小限の項目です。

点検箇所 点検内容
異常箇所
  • 走行に支障が無いか
制動装置 前後ブレーキ
  • ブレーキペダル・レバーの握りしろは適正か。ブレーキの効きは十分か。
リザーバータンク
  • ブレーキフルードの液量はUPPERレベルまであるか。
走行装置 タイヤ
  • タイヤ空気圧は適正か。
  • タイヤに亀裂・損傷は無いか。
  • タイヤに異常な摩耗は無いか。
  • タイヤに釘等の異物が刺さっていないか。
  • タイヤの溝の深さが十分か。
エンジン 冷却装置
  • 水漏れは無いか。
  • 冷却水の量は十分か。
潤滑装置
  • エンジンオイルの量は適正か。
燃料装置
  • 燃料の量は十分か
灯火装置

方向指示器

  • 点滅具合に異常は無いか。レンズに汚れ、損傷が無いか。
ミラー
  • 写影は良好か。
反射器、ナンバープレート
  • 反射器、ナンバープレートに汚れ、損傷は無いか。自賠責保険は切れていないか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. バイクの点検・整備事項(ALLメンテナンスオリジナル)

  2. バイクの定期点検事項と整備方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


本WEBサイトのご説明

ご覧いただきありがとうございます。

本WEBサイトは、バイク整備専門の情報サイトです。

玄人の方が読まれても、新しい発見がある記事作りを心がけておりますのでお楽しみ下さい。

※整備前に、注意事項をご覧下さい。

知って頂きたい整備情報

  1. オイルフィルターは、オイルを入れてから取り付け
  2. クーラントの色が茶色になってから交換では手遅れ
  3. クラッチレバー可動部に注油しないと摩耗・フィーリング低下を招く

フィーリングアップする整備情報

  1. フロントフォークフィーリング向上方法 フロントフォークフィーリング向上方法
  2. スロットルグリップの遊び調整方法 スロットルグリップの遊び調整方法
  3. リアブレーキペダルの高さ調整方法 バイクのリアブレーキペダル高さ調整方法
PAGE TOP