ジェット類・フロートバルブ新品交換の勧め

ジェットは劣化すると表面が凹凸になって燃料が引っ掛かり易くなります。
新品ジェットと肌で触ってみるだけでその違いは分かるかと思います。

なので、黒く着色したジェットは新品に交換する事をお勧めします。
燃料に異物があると、一度詰まった穴の狭いスロージェットだと特に詰まり易くなります。

また、キャブクリーナーに漬け置きし過ぎたジェット類もジェットが溶けて、表面が滑らかでなくなるので交換が望ましいです。

メインジェット・スロージェット・あとエアージェット。予算があれば、パイロットスクリュー・エアスクリュー等も交換すると良いでしょう。

ジェット類が廃盤の場合の対処法

キタコからジェット類を製造しています。車種検索も可能です。

http://www.kitaco.co.jp/data/product/link/partsfitting_list/carburetor_jet/kitaco_pilot_jet_fitting.html

フロートバルブシートの交換

キャブレターからオーバーフローする場合、このフロートバルブシートかフロートバルブが主な原因となります。
パッキンを交換しなかったり、ドレンスクリューを閉め忘れていると、フロートチャンバーや、ドレンからも漏れてきます。

画像は、新品フロートバルブセットです。Oリングが入っているのが分かるかと思います。これは、フロートバルブシートに取り付けるのですが、Oリングは経年により劣化し、パッキンの役割を果たさなくなります。
フロートバルブを交換すれば症状は改善すると思われている方も多いかと思いますが、フロートバルブとフロートバルブシート間から漏れなくても、Oリングの劣化によりフロートバルブシートとキャブレター間から燃料が下がってきてオーバーフローします。

旧車は特にOリングが劣化していますので、オーバーフローする際は要交換パーツです。目安として、20年経過している車両はいつオーバーフローしてもおかしくないと考えた方が良いと思います。

フロートバルブシートを外した様子。汚れが付着しているので、綿棒やパーツクリーナーを駆使して綺麗に清掃しておきましょう。

フロートバルブシートの取り付けワンポイント

フロートバルブシートを取り付ける際、Oリングが外れないようにゴム対応の浸透潤滑剤や、シリコンスプレーを使用すると良いでしょう。シリコングリススプレーを使用する際は、極少量を塗布し、残りは指でグリスを除去しておきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. 汎用ガスケットシートを使用した、紙ガスケットの製作方法

  2. ブレーキランプバルブ交換方法

    バイクのブレーキランプバルブ交換方法

  3. フロントフォーク大気解放方法

    バイクのフロントフォーク大気解放方法

  4. キャブレターオーバーホール方法

    キャブレターのオーバーホール方法

  5. スロットルコート

  6. リード板の締まり点検

  7. 長く乗りたいならキャブの三又ジョイントはストックしておくべき

  8. 分離給油式・混合給油式とは

    [2サイクルエンジンの潤滑方式]分離給油式と混合給油式

  9. バイクのクラッチワイヤー交換方法

    バイクのクラッチワイヤー交換方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. ブレーキ部品の役割をカンタン解説
  2. クラッチレバー可動部に注油しないと摩耗・フィーリング低下を招く
  3. クラッチケーブルのワイヤリングミス
  4. 2サイクルエンジンとは
  5. リザーバータンク内の負圧は、ブレーキのフィーリング低下を招く
  6. 4サイクルエンジン(4st,フォースト)とは
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事が出てきましたら、お気軽に相談して下さい。基本、24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援します。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

格安整備済みバイク情報

販売中

整備中

SOLDOUT

PAGE TOP