エアフィルターレスは控えよう

画像のエアフィルターをよく見ると小石が入り込んでいるのがお分かりになると思います。もしエアフィルターが無ければこれら小石がエンジンの負圧で吸い込まれ燃焼室に傷が入ります。
エンジンOHした際、ピストンの一部が欠けていたり、シリンダーに1mm程の深い縦傷が入っている場合があります。これは、小石が入り込んで一部だけ損傷した事が考えられます。ですので、エアフィルターは必ず装着しましょう。また、スパークプラグ交換前にも、必ずエアブローして燃焼室に異物が入らないように注意しましょう。

小石が入り込んでいなくても、汚れていれば交換しましょう。黒く色が付いている場合や、汚れが付着している場合は交換しましょう。
また、エアフィルターの一部箇所にオイルが多く付着している場合があります。これは、ブローバイによるものです。

ブローバイが多いという事は、エンジンオイルの量が多かったり、ピストンリングの摩耗が考えられますので、オイル量の点検をし、オイル量が正常な場合は、エンジンオイルを少しかたい製品に変更しましょう。10W40から15W50に変更してみて下さい。後は、圧縮を回復させるケミカル(NUTEC コンプブースト)があるので、そちらを使用してみて下さい。

ブローバイとは

ブローバイは、燃焼室の混合気がピストンリングとシリンダーのクリアランスが広がってクランクケースに落ちる事で、そのガスがエアフィルターボックスに返ってきて、再度エンジン内に送り込んで燃やします。
昔は、大気開放していたようですが、環境への悪影響から、再度燃やそうという事になり、大半の車種はエアクリーナーボックスにホースが繋がっています。

 

こちらは、原付スクーターのエアフィルター。おそらくビスカス式のエアフィルターです。車検が無いので長期間交換されていない様子が見て取れます。

原付や250cc以下のに多い小排気量車両には、湿式エアフィルターが多く利用されていますが、長期間交換されていない場合、触るとボロボロと崩れるほど劣化しています。場合によっては、エンジンに吸い込まれて燃やされてほとんどエアフィルターの原型が残っていない車両もあります。

エアフィルターは消耗品です。純正部品を取り寄せて交換しましょう。ホームセンター等で販売されているスポンジと純正エアフィルターとでは、汚れ除去の精度が全く異なりますので必ず純正部品か社外部品を使用しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. リード板の締まり点検

  2. バイクのスロットルワイヤー注油方法

    バイクのスロットルワイヤー注油方法

  3. 弧を描くタイプの燃料タンクを支える方法

  4. 燃料タンクの錆は、燃料ポンプ故障の原因になる

  5. エアクリーナー交換方法

    バイクのエアクリーナー交換方法

  6. 燃料フィルターの点検・清掃

  7. 保管前・保管後に必ずキャブレターのガス抜きをしよう

  8. 燃料タンクのサビ除去は、2回に分けて行う

  9. ブローバイが多い場合の原因・対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 2サイクルエンジンとは
  2. リザーバータンク内の負圧は、ブレーキのフィーリング低下を招く
  3. 4サイクルエンジン(4st,フォースト)とは
  4. マスターピストンにグリス塗布でフィーリングアップ
  5. 意外と紛失している車両が多い、クラッチピポットスクリューのナット
  6. フロントフォークのメタル剥離
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事が出てきましたら、お気軽に相談して下さい。基本、24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援します。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

格安整備済みバイク情報

販売中

整備中

SOLDOUT

PAGE TOP