クラッチアームがシャフトから外れない場合の対処法

クラッチアームの割り締めボルトを取り外します。割り締めボルトは緩めるだけではなく、取り外して下さい。

通常、引き抜けば外れますが固着していて外しにくい場合もあります。その際は、割り締めのスリットにマイナスドライバーを差し込んで少し広げると外し易くなります。
無理にこじると、割り締め部の角が変形するので確実に奥まで差し込んでゆっくり広げましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. エンジンオーバーホール時、燃焼室の汚れを除去

  2. ボクサーエンジンはオイルを消費する

  3. 2サイクルエンジンオイルのリザーバータンクジョイントには液体ガスケット塗布

  4. エンジン系の整備小技集

  5. BMWのクラッチフルード交換

  6. 汎用ガスケットシートを使用した、紙ガスケットの製作方法

  7. クラッチケーブルのワイヤリングミス

  8. オイルフィルターは、オイルを入れてから取り付け

  9. 吸・排気ポートのカーボンの様子と除去方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご覧頂き誠にありがとうございます

ALLメンテナンスのWEBサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。拙い記事で分かり難い点有るかと存じますので、その際はお気軽にご連絡頂ければ幸いです。バイク好きの皆様のお役に立てれば幸いでございます。

純正部品のお見積もり・ご注文

純正部品のお見積もり・ご注文

最近の記事

  1. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける
  2. バッテリー電解液の取り扱いは要注意
  3. エレクトロタップの使用は控えよう
  4. 電球が黒くなっていれば交換
  5. 灯火類のレンズ割れは要交換
  6. イグニッションコイルのアースの錆は失火の原因になる
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事ございましたら、お気軽にお頼り下さい。24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援致します。

お蔭様でご好評頂いております。ありがとうございます。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

PAGE TOP