クラッチアームがシャフトから外れない場合の対処法

クラッチアームの割り締めボルトを取り外します。割り締めボルトは緩めるだけではなく、取り外して下さい。

通常、引き抜けば外れますが固着していて外しにくい場合もあります。その際は、割り締めのスリットにマイナスドライバーを差し込んで少し広げると外し易くなります。
無理にこじると、割り締め部の角が変形するので確実に奥まで差し込んでゆっくり広げましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. オイルフィルターは、オイルを入れてから取り付け

  2. BMW ギアボックスのオイル量点検

  3. クラッチフルード交換方法

  4. [故障診断と対策事例]圧縮圧力が異常に低い

  5. エンジン系の整備小技集

  6. 吸・排気ポートのカーボンの様子と除去方法

  7. シリンダー取り外し前に、冷却水を吸い取りましょう

  8. クラッチケーブルのワイヤリングミス

  9. 圧縮圧力の測定方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. ホイールのリムテープの外し方
  2. ブレーキフルードは劣化すると茶色に近づく
  3. ブレーキ部品の役割をカンタン解説
  4. クラッチレバー可動部に注油しないと摩耗・フィーリング低下を招く
  5. クラッチケーブルのワイヤリングミス
  6. 2サイクルエンジンとは
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事が出てきましたら、お気軽に相談して下さい。基本、24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援します。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

格安整備済みバイク情報

販売中

整備中

SOLDOUT

PAGE TOP