フィーリングアップするバイクメンテナンス情報

2020年7月17日サブ整備記事,ブレーキ系

ブレーキフルードは基本新品時は透明で劣化すると黄色、茶色と色が変化していきます。着色されているブレーキフルードもあります。
ブレーキフルードだけは、走行距離に関わらず2年毎に必ず交換しましょう。劣化すると、沸点が下がりフルード ...

2020年7月17日サブ整備記事,バイクパーツ用語解説,ブレーキ系

ブレーキパッド

ブレーキパッドは、ブレーキキャリパーに取り付けられており、ホイールに取り付けられたブレーキディスクをブレーキパッドが挟み込む役割があります。
ブレーキパッドは消耗品なので、残量2mmを目安に交換しましょう。

2020年7月18日サブ整備記事,ステアリング系

クラッチレバーの可動部が錆ている状態です。グリスアップせずに使用を続けると、このようにサビて動作が渋くなります。レバー・ブラケット共に摩耗していきます。
可動部には、液体グリスを吹くか、取り外して万能グリスを塗布しましょう。グ ...

2020年7月17日サブ整備記事,サブ整備記事,ステアリング系,エンジン系

クラッチケーブルのワイヤリングが間違い、ハンドルストッパーに挟まれて、被覆が剥げて水が浸入して錆た様子です。
サービスマニュアルにケーブルやホース等のワイヤリング図がありますので、指定の位置を通さないとケーブルや配線を挟んだり ...

2020年7月17日バイクパーツ用語解説

2サイクルエンジンとは

2サイクルエンジンは、吸気、圧縮、燃焼、排気の各工程をクランクシャフトが1回転で終了する事ができます。

対して、4サイクルエンジンは、各工程をクランクシャフト2回転で終了します。

同じ排気 ...

2020年7月17日サブ整備記事,サブ整備記事,ブレーキ系,ステアリング系

リザーバータンクのダイアフラムがこのように凹んでいる場合は、リザーバータンク内が負圧になっているので、ブレーキのフィーリングが低下します。
ブレーキレバーの感触がフワフワしたようなスポンジーなフィーリングになります。 ブレーキ ...

2020年7月17日バイクパーツ用語解説

4サイクルエンジンとは

4サイクルエンジンとは、4ストロークサイクルエンジンの事で、吸気、圧縮、燃焼(爆発)、排気の4工程を繰り返して動力を発生させています。

レシプロエンジンとは

上下運動を回転運動に変えているエンジンをレシ ...

2020年7月17日サブ整備記事,サブ整備記事,ブレーキ系,ステアリング系

ブレーキレバーは、マスターピストンへ弧を描くように押し込みます。水平に押し込む訳ではありませんので、マスターシリンダー内部・マスターピストンとレバー接触部が抵抗になります。
そこで、グリスを塗布する事でスムーズにマスターピスト ...

2020年7月18日サブ整備記事,ステアリング系

クラッチレバーの支点となっているピポットスクリュー、下をのぞき込んでみると、ナットが紛失している車輛が意外にあります。おそらく、どの車両も純正で取り付けられているかと思うのですが、紛失している場合はピッチの合うナットを取り付けてピポッ ...

2020年7月18日サブ整備記事,サスペンション系

フロントフォークのオーバーホールというと、ダストシールやオイルシールばかりに目がいってしまいがちですが、インナーチューブの摺動にスライドメタルというパーツが取り付けられています。昔このスライドメタルが無いフロントフォークの時代があった ...