フロントホイールダストシールの摩耗

ホイールのダストシールに異常に小石が入り込んでおり、ホイールカラーを取り付けたら、ホイールカラーが脱落しました。
カラーをダストシールに合わせてみると目視で2mm以上のクリアランスが開いておりました。

リアホイールならチェーンアジャスターでアライメントが崩れて、ここまでクリアランスが広がる可能性もあるかもしれませんが、フロントでここまで過大になるのは初めて見ました。

何故ここまで広がるのでしょう。

考えられる原因

  1. ホイールが純正ではない
  2. 事故でステムのアンダーブラケットとトップブリッジの位置がずれて、フロントフォークが斜めになって走行した
  3. ホイールカラーが純正ではない
  4. ダストシールが純正ではない
  5. アクスルナットが緩んでいた

このどれかでしょうか。車両を見る限り、目立つ転倒傷がなくホイール形状も純正なので、3~5になると思うのですが、友人から譲り受けたと仰っていたので以前のバイクショップの在庫を適当に装着したのでしょうか。もしくは、DIY整備して、アクスルナットが緩んでホイールが揺れてここまで広がったのでしょうか。DIY整備で締め付け不足というのは整備していて良くある事なので、5番でしょうか。
真相はわかりませんが、知りたいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. メンテナンススタンドの使い方-2

    バイク用メンテナンススタンドの使い方

  2. ハブダンパーは消耗品、タイヤ交換時に点検

  3. フロントスプロケット(ドライブスプロケット)交換方法

    バイクのフロントスプロケット交換方法

  4. タイヤの中に鉄球や卵のような物体の正体

  5. エンジン始動後レッドゾーンまで吹け上がる

    [故障診断と対策事例]エンジン始動後レッドゾーンまで吹け上がる

  6. フロントフォーク・キャリパー・ホイールは必ず指定トルクで締め付け

  7. タイヤ空気圧調整方法

    バイクのタイヤ空気圧調整方法

  8. バイクにタイヤワックスは控えた方が良い

  9. ホイール系の整備小技集

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


本WEBサイトのご説明

ご覧いただきありがとうございます。

本WEBサイトは、バイク整備専門の情報サイトです。

玄人の方が読まれても、新しい発見がある記事作りを心がけておりますのでお楽しみ下さい。

※整備前に、注意事項をご覧下さい。

知って頂きたい整備情報

  1. ブローバイが多い場合の原因・対策
  2. 意外と紛失している車両が多い、クラッチピポットスクリューのナット
  3. フロントフォーク・キャリパー・ホイールは必ず指定トルクで締め付け

フィーリングアップする整備情報

  1. ブレーキ性能回復方法 ブレーキ性能回復方法
  2. シフトペダルフィーリング向上方法 シフトペダルフィーリング向上方法
  3. スロットルグリップの遊び調整方法 スロットルグリップの遊び調整方法
PAGE TOP