バイスによるボルトの取り外し方法

画像は、スーパートラップマフラーの折れたM6サイズのスタッドボルトです。

ボルトのねじ山が飛び出ていたら、ハンドバイスで思い切りテンションを掛けて握り反時計回りに回すと外す事ができます。
目安として、空回りしなくなる程強く握ります。空回りすればテンションが弱い証拠です。おそらく皆様が想像されている以上に強いテンションを掛けていると思います。私の握力が30キロ位なので、30キロでやっとハンドバイスがロックするほどに設定しています。
後は、浸透潤滑剤を塗布しながらゆっくりと緩めます。

ハンドバイスで緩まない場合

M6であれば、ハンドバイスで外せるかと思いますが、折れた箇所により、ハンドバイスが使えない場合や、ハンドバイスでも緩まない場合があります。
その際は、逆タップで外します。ボルトの飛び出ている箇所をサンダーで切り落とし、ドリルで下穴を開けて、逆タップ(エキストラクター)で緩めます。
ただ、今回のようなM6サイズを電動ドリルやエアーのドリルで開けるのは非常に難しいです。人間がもつので、ボルトの座面に対して水平に下穴を開けているつもりでも、若干斜めに入ってしまいます。
細すぎるドリルを使用すると、ドリルに横の力が加わると簡単に折れます。逆タップは難易度が高いので、バイクショップに依頼するのも良いでしょう。ショップによっては受け付けてくれない場合もあるようなので、何件か回って相談してみて下さい。
以下の動画が逆タップ方法です。

下穴を開ける段階で、雌ネジに傷が入ってしまったら、リコイルを行い修正しましょう。リコイルとは、雌ネジを作るツールで、仕組みは、少し大きい下穴を開け、M6サイズのスプリングを下穴に入れる事で、そのスプリングが雌ネジの役割をしてくれます。
以下の動画がリコイル方法です。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. メンテナンススタンドの使い方-2

    バイク用メンテナンススタンドの使い方

  2. バイク整備マインド

    バイク整備における状況判断の考え方

  3. バイク整備する上で必要最低限知っておくべき情報

  4. 整備する前に知っておきたい、「ねじのメカニズム」

  5. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける

  6. BMWの燃料ホースジョイント対策品への交換方法

  7. ボールベアリングの取り外し・取り付け方法

  8. アルミ製バンジョーボルトの締め付けトルクに要注意

  9. プラグの締め付け角度・トルク一覧表

    プラグの締め付け角度・トルク一覧表

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご覧頂き誠にありがとうございます

ALLメンテナンスのWEBサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。拙い記事で分かり難い点有るかと存じますので、その際はお気軽にご連絡頂ければ幸いです。バイク好きの皆様のお役に立てれば幸いでございます。

純正部品のお見積もり・ご注文

純正部品のお見積もり・ご注文

最近の記事

  1. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける
  2. バッテリー電解液の取り扱いは要注意
  3. エレクトロタップの使用は控えよう
  4. 電球が黒くなっていれば交換
  5. 灯火類のレンズ割れは要交換
  6. イグニッションコイルのアースの錆は失火の原因になる
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事ございましたら、お気軽にお頼り下さい。24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援致します。

お蔭様でご好評頂いております。ありがとうございます。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

PAGE TOP