トップキャップの締め付けにはアルミ製・樹脂製の工具の使用がお勧め

最近のフロントフォークのトップキャップには、アルマイト加工されたものがあります。その際、通常の鉄製工具を使用するとトップキャップに傷が入ってしまいます。そこで、アルミ製のモンキーレンチを使用すると外す際も取り付ける際も傷が入り難いです。

他にも、サスペンションのチューニングで有名なテクニクスから樹脂製のトップキャップ脱着工具がラインナップされていますので、最小限のダメージに抑えたい方はこちらを使用すると良いでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. ウインカーバルブ交換方法

    バイクのウインカーバルブ交換方法

  2. ブレーキランプのタイミング調整方法

    ブレーキランプのタイミング調整方法

  3. カーボンの蓄積箇所と対策方法

    カーボンの蓄積箇所と対策方法

  4. シートの取り外し・取り付け方法

    バイクのシートの取り外し・取り付け方法

  5. バイクのクラッチワイヤー交換方法

    バイクのクラッチワイヤー交換方法

  6. 汎用ガスケットシートを使用した、紙ガスケットの製作方法

  7. セルモーター交換方法

    バイクのセルモーター交換方法

  8. 吸・排気ポートのカーボンの様子と除去方法

  9. 燃料タンクの取り外し・取り付け方法

    燃料タンクの取り外し・取り付け方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. ブレーキ部品の役割をカンタン解説
  2. クラッチレバー可動部に注油しないと摩耗・フィーリング低下を招く
  3. クラッチケーブルのワイヤリングミス
  4. 2サイクルエンジンとは
  5. リザーバータンク内の負圧は、ブレーキのフィーリング低下を招く
  6. 4サイクルエンジン(4st,フォースト)とは
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事が出てきましたら、お気軽に相談して下さい。基本、24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援します。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

格安整備済みバイク情報

販売中

整備中

SOLDOUT

PAGE TOP