弧を描くタイプの燃料タンクを支える方法

燃料タンク後方を支点として、弧を描くように上がる燃料タンクは、ゴムハンマーをフレームと燃料タンク間に配置して支えにすると良いでしょう。支持棒が付いている場合は、そちらを使用すると良いでしょう。
ゴムハンマーでしたらフレームにも燃料タンクにも傷を与えないのでお勧めです。

出来れば、ゴムハンマーをフレームの端ではなく中央に配置できれば、それに越したことはありませんが必ずしもそこにフレームがあるとは限りません。
車検整備関係、例えばエアフィルターや、スパークプラグの点検程度でしたらこれで問題無いかと思います。それ以上に大掛かりな作業でしたら燃料タンクを外した方が良いでしょう。
尚、ゴムハンマーが外れて手を挟まないよう十分注意して整備して下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. 樹脂は締め付け過ぎすと割れるので要注意

  2. ジェットニードルの清掃方法

  3. 吸気&排気系の整備小技集

  4. キャブレターの取り外し・取り付け方法

    キャブレターの取り外し・取り付け方法

  5. O2センサーの脱着・清掃方法

  6. マフラー取り付け時後は必ず脱脂

  7. エンジンの始動困難、始動後アイドリングが高くなり、エンジン回転数の戻りが悪くなる

    [故障診断と対策事例]エンジンの始動困難、始動後アイドリングが高くなり、エンジン回転数の戻りが悪くな…

  8. 燃料タンクのサビ除去は、2回に分けて行う

  9. カーボンの蓄積箇所と対策方法

    カーボンの蓄積箇所と対策方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご覧頂き誠にありがとうございます

ALLメンテナンスのWEBサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。拙い記事で分かり難い点有るかと存じますので、その際はお気軽にご連絡頂ければ幸いです。バイク好きの皆様のお役に立てれば幸いでございます。

純正部品のお見積もり・ご注文

純正部品のお見積もり・ご注文

最近の記事

  1. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける
  2. バッテリー電解液の取り扱いは要注意
  3. エレクトロタップの使用は控えよう
  4. 電球が黒くなっていれば交換
  5. 灯火類のレンズ割れは要交換
  6. イグニッションコイルのアースの錆は失火の原因になる
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事ございましたら、お気軽にお頼り下さい。24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援致します。

お蔭様でご好評頂いております。ありがとうございます。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

PAGE TOP