フロートチャンバーはドレンスクリューの向きを考慮して取り付け

直列4気筒の場合、フロートチャンバーの形状はどれも同じものが多く、間違って取り付けられている場合があります。
間違ってフロートチャンバーが取り付けられていると、冬季保管時等にドレンスクリューを緩めてガス抜きをする際は、ドライバーが届かず緩める事が出来ませんので、ドレンスクリューの向きを考慮してフロートチャンバーを取り付けましょう。
上記画像は一番左と右から二番目を入れ替えるのが正解かと思います。
詳細は、サービスマニュアルやパーツリストでご確認下さい。

ドレンスクリューを緩めて固着を取ってから車体に取り付ける

ドレンスクリューは、固着している場合があるので、キャブレター分解時には、一旦ドレンスクリューを緩めて、再度適度に締め付けておきましょう。
ビットラチェットを使用すると固着していてもナメずに緩める事が出来ます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. キャブレターオーバーホール方法

    キャブレターのオーバーホール方法

  2. ジェット類・フロートバルブ新品交換の勧め

  3. 使用済みガスケットの再利用基準

  4. BMWの燃料ホースジョイント対策品への交換方法

  5. カーボンの蓄積箇所と対策方法

    カーボンの蓄積箇所と対策方法

  6. フロートピンの支柱を折らない為に取り外しは慎重に

  7. アイドリング困難な程の大量なカーボンを、フューエルワンで除去・改善。

  8. バイクのスロットルワイヤー注油方法

    バイクのスロットルワイヤー注油方法

  9. キャブレターのガス抜き方法

    キャブレターのガス抜き方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 2サイクルエンジンとは
  2. リザーバータンク内の負圧は、ブレーキのフィーリング低下を招く
  3. 4サイクルエンジン(4st,フォースト)とは
  4. マスターピストンにグリス塗布でフィーリングアップ
  5. 意外と紛失している車両が多い、クラッチピポットスクリューのナット
  6. フロントフォークのメタル剥離
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事が出てきましたら、お気軽に相談して下さい。基本、24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援します。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

格安整備済みバイク情報

販売中

整備中

SOLDOUT

PAGE TOP