シリンダー取り外し前に、冷却水を吸い取りましょう

スポイトを使い、シリンダーに溜まった冷却水を吸い取った後、シリンダーを外しましょう。シリンダーを抜く際に、クランクケース内部に冷却水が落ちるのを防ぐためです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. オイル漏れは対策しよう

  2. カーボンの蓄積箇所と対策方法

    カーボンの蓄積箇所と対策方法

  3. プラグレンチは組み合わせて脱着する

  4. BMWのクラッチフルード交換

  5. ニップルの根元からフルード漏れをするので要点検

  6. ギアボックスへのオイル注油方法

  7. クラッチアームがシャフトから外れない場合の対処法

  8. 汎用ガスケットシートを使用した、紙ガスケットの製作方法

  9. [故障診断と対策事例]圧縮圧力が異常に低い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. ブレーキ部品の役割をカンタン解説
  2. クラッチレバー可動部に注油しないと摩耗・フィーリング低下を招く
  3. クラッチケーブルのワイヤリングミス
  4. 2サイクルエンジンとは
  5. リザーバータンク内の負圧は、ブレーキのフィーリング低下を招く
  6. 4サイクルエンジン(4st,フォースト)とは
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事が出てきましたら、お気軽に相談して下さい。基本、24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援します。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

格安整備済みバイク情報

販売中

整備中

SOLDOUT

PAGE TOP