サブエアフィルターの点検・清掃方法

4サイクルエンジンのキャブレターに大半に使われている負圧式キャブレター。
サブエアフィルターとは、負圧式キャブレターのダイアフラムのエアフィルターです。

存在自体知らない方も多いかと思いますが、装着されているキャブレターがあるので、定期的に点検しましょう。
尚、サブエアフィルターは、必ず装着されているわけではありません。

サブエアフィルターの点検・清掃方法

まず点検ですが、画像のように、サブエアフィルターがボロボロに崩れている場合は交換時期を迎えているので要交換です。
他にも、サブエアフィルターが汚れている場合や、エアフィルターを触って崩れたり指の跡が付くようなら、新品のサブエアフィルターに交換しましょう。

通常の湿式エアフィルターのメンテナンスをイメージするかと思いますが、エアフィルターオイルの塗布は不要です。
清掃は、エアブローで行いましょう。
清掃する際は、エアブローの方向にも注意すると良いでしょう。キャブレター側(内側)から外側に向けてエアブローして下さい。
内側から外側にエアブローする事で、汚れを少しでも多く除去します。外側から内側にエアブローすると、ゴミを押し込む事になりますので、内側から外側へと覚えておきましょう。空気の流れをイメージすればご理解頂けると思います。

通常のエアフィルターのエアブローに関しても同様です。

画像は、CB400SFのサブエアフィルターで、劣化している状態なので、要交換です。点検されていない車両が多いのか、交換時期を迎えたサブエアフィルターは多いです。走行距離に関わらず、2年に一度点検しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. キャブレターの取り外し・取り付け方法

    キャブレターの取り外し・取り付け方法

  2. サイレンサー取り外し・取り付け方法

    バイクのサイレンサー取り付け・取り外し方法

  3. キャブレターのガス抜き方法

    キャブレターのガス抜き方法

  4. 吸・排気ポートのカーボンの様子と除去方法

  5. 燃料タンクのサビ除去は、2回に分けて行う

  6. スロットルバルブシャフト可動部注油で動き改善

  7. ブローバイが多い場合の原因・対策

  8. エンジンの始動困難、始動後アイドリングが高くなり、エンジン回転数の戻りが悪くなる

    [故障診断と対策事例]エンジンの始動困難、始動後アイドリングが高くなり、エンジン回転数の戻りが悪くな…

  9. 2サイクルエンジンオイルのリザーバータンクジョイントには液体ガスケット塗布

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 2サイクルエンジンとは
  2. リザーバータンク内の負圧は、ブレーキのフィーリング低下を招く
  3. 4サイクルエンジン(4st,フォースト)とは
  4. マスターピストンにグリス塗布でフィーリングアップ
  5. 意外と紛失している車両が多い、クラッチピポットスクリューのナット
  6. フロントフォークのメタル剥離
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事が出てきましたら、お気軽に相談して下さい。基本、24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援します。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

格安整備済みバイク情報

販売中

整備中

SOLDOUT

PAGE TOP