自作昇圧回路

エンジン回転数により、イグニッションコイル一次側の電圧は約12~15V間で変化します。回転数を上げれば電圧が上がります。
そこで、低回転時から常に15Vで一次側に安定して供給出来れば、低回転時のトルクが向上するという考えから昇圧回路を作りました。レギュレーターが作動する上限で電圧を設定します。設定は、青い矢印のついたダイヤルを回し、抵抗値を変えて出力する電圧を決めます。電圧を上げ過ぎるとイグニッションコイルがパンクするので注意です。
結果は、低回転時のトルクが向上しました。イリジウムプラグに変えた位の変わりようです。
※学生時代に趣味で作ったものです。回路をみて作って頂いても結構ですが、それによる故障に関しては対応出来ませんのでご了承下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. ヘッドライトバルブの交換方法

    バイクのヘッドライトバルブ交換方法

  2. ウインカーバルブ交換方法

    バイクのウインカーバルブ交換方法

  3. ECU付近のアースのワイヤリングは要注意

  4. プラグキャップが容易に外れる2

    [故障診断と対策事例]プラグキャップが容易に外れる

  5. 水温計動作点検方法

  6. スパークプラグを外す前にエアブロー

  7. スパークプラグ交換方法

    バイクのプラグ交換方法

  8. 電気テスターが入らない箇所は、配線チェックツールを使用する

  9. イグニッションコイル交換方法

    バイクのイグニッションコイル交換方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご覧頂き誠にありがとうございます

ALLメンテナンスのWEBサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。本WEBサイトは、バイクの整備情報をバイクメンテナンスするオーナー様に向けて整備情報を発信しております。

バイク好きの皆様のお役に立てれば幸いでございます。

最近の記事

  1. バイクの可動部(レバー・ペダル・ケーブル)に使用するお勧め潤滑剤
  2. 分解前に心配なら写真を撮影する
  3. メモ書きをキーシリンダーに挿してミスを無くそう
  4. 意外と緩みやすい、サイドスタンド取り付けボルト
  5. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける
  6. バッテリー電解液の取り扱いは要注意
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備・修理のアドバイス差し上げておりますので、お気軽にお頼り下さい。24時間以内にお返事をさせて頂きます。
相談費用は無料で回数制限はございません。
バイクの整備用品が必要な際は、ALLメンテナンスSHOPをご利用頂けると幸いです。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

PAGE TOP