リザーバータンク内の負圧は、ブレーキのフィーリング低下を招く

リザーバータンクのダイアフラムがこのように凹んでいる場合は、リザーバータンク内が負圧になっているので、ブレーキのフィーリングが低下します。
ブレーキレバーの感触がフワフワしたようなスポンジーなフィーリングになります。 ブレーキフルードを補充するか、交換し、ダイアフラムの凹みを直しましょう。

ブレーキフルードが減少している場合は、ブレーキパッドが減少している事になりますので、ブレーキパッド残量の点検もしましょう。
また、気圧の影響も受けてリザーバータンク内が負圧になる可能性もあります。特にサーキット場で走る際は、山や海近くで気圧の影響を受けるかと思いますので走行前にリザーバータンクの負圧点検を行うと良いでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. ピンプラグはラチェットビットで外す

  2. ニップルのメガネレンチに手が届かない場合のブレーキフルード交換方法

  3. ブレーキ系の整備小技集

  4. キーシリンダー交換方法

    バイクのキーシリンダー交換方法

  5. バイクのフロントブレーキフルード交換・エア抜き方法

  6. 十字キャリパーピストンの出し方・戻し方

  7. ホイール脱着後は、ブレーキディスク清掃

  8. ブレーキフルードの補充方法

    バイクのブレーキフルード補充方法

  9. フロントブレーキディスク交換方法

    バイクのフロントブレーキディスク交換方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. パッドピンにもグリスアップ
  2. YAMAHA FZ-1 フェーザー 2013モデル 16,217km
  3. HONDA VFR750F 中古車 車検31/10月5日迄 フルスケールメーター…
  4. パッドピンのRピンは無くさないよう要注意
  5. キャリパーのオーバーホール
  6. ドラムブレーキ固着の大半の原因
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事が出てきましたら、お気軽に相談して下さい。基本、24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援します。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

格安整備済みバイク情報

販売中

整備中

  • スティード400 黒 12万(予定)
  • FTR223 白 12万(予定)
  • ZZR250 黒青 12万(予定)
  • エストレアRS 赤 12万(予定)
  • CB400SF 黒 16万(予定)現在検討者:1名

SOLDOUT

PAGE TOP