クラッチフルード交換方法

油圧式クラッチの場合、2年に1回はクラッチフルード交換を行う必要があります。
クラッチフルードは、時間とともに劣化し、劣化が進むとエアーが噛む可能性があります。エアーが噛むとクラッチが切れなくなるので必ず交換しましょう。
もし、走行中にクラッチが切れなくなった場合は、キルスイッチをOFFにして停止してロードサービスを使いましょう。

今回はクラッチフルード交換方法について解説します。
是非、参考にして頂きたい。

整備情報

  • 交換時期: 2年毎
  • 時間: 約15分
  • 費用: 約1,000円
  • ショップ工賃: 約1,500円
  • 難易度: ★★★☆☆

※本ページの「クラッチフルード」とは「ブレーキフルード」を指します。使用しているブレーキフルードは、ワコーズのBF-4(DOT4)です。

作業手順

クラッチフルード交換方法

車体左側のフロントスプロケット辺りに、クラッチレリーズが配置されているかと思います。
ブレーキキャリパーのように、ニップルカバーが取り付けられているのでニップルカバーを取り外しましょう。

ニップルカバーを取り外したら、メガネレンチ・ホースを取り付けます。

クラッチフルードが塗装面に付着したら、パーツクリーナーを吹くか、水で洗い流して下さい。
パーツクリーナーは、ワコーズのBC9が塗装面や樹脂に与える影響が少ないです。
画像はスーパージャンボという主にブレーキ用のパーツクリーナー。クラッチフルード交換後に、パーツクリーナーでニップル内の残ったクラッチフルードを除去する為に使用します。フルードがこぼれた際は、ボトルに水を入れておいてウエスと併用して清掃します。

入っていたクラッチフルードをスポイトで吸い取って、新しいブレーキフルードをUPPERレベルまで注ぎましょう。
クラッチフルードという専用のフルードがあるわけではなく、通常はブレーキフルードを使用します。
リザーバータンクキャップに、注意書きが書かれていますので念の為、確認して下さい。BMWの一部車種に専用のクラッチフルードを必要とする車種がありますのでBMWにお乗りの方はご注意下さい。

クラッチレバーの遊び部分まで握り、テンションを掛けて、メガネレンチを反時計回りに緩めると、レバーが押し込まれてブレーキフルードが出てきます。
茶色がかっているのは、クラッチフルードが劣化している証拠です。次第に透明に変わっていきますので、透明に変わった時点で交換終了です。

 

クラッチフルードがリザーバータンクから無くなっていきますので、無くなる前に補充していきましょう。
基本的に、リザーバータンク1~2回分補充すれば、色は透明になります。意外に、ホースの内径は細いので思っているほどフルード量は多くありません。OHしてみてフルード量をはかってみると少量なのが分かります。

透明になったら、エアが出てこないか確認して下さい。
エアが出てくる場合、ゆっくりとレバーを握って再度クラッチフルード交換をして下さい。急いでフルード交換を行うとレバーを握った際に微細なエアが混入してしまいますので、ゆっくりクラッチフルード交換するとエアが抜けていきます。

クラッチフルード交換後、ニップルからのフルード漏れに注意

ニップルからクラッチフルードが漏れている様子です。クラッチフルード交換後は、漏れていない事を確認済みです。
なぜ、フルードが漏れるのか、原因は2つ考えられます。

  1. ニップルの締め付け不足
  2. ねじ山からフルードが上がってきている

締め付け不足ではないので、フルードが上がってきている事が原因かと考えられます。
これは、クラッチレリーズのみならず、キャリパーや一部のマスターシリンダーのようにニップルが装着されているもの全てに起こりえます。

なので、クラッチフルードやブレーキフルード交換後は、ニップルを5~10分後に再度漏れが無いか点検して、もれているようならパーツクリーナーや水で除去しましょう。
ニップルとレリーズの接触面も入念に除去しましょう。

日清製・ブレンボ製は発生した事がありますので、この症状はメーカー問わず仕方ない事なのかもしれません。

BMWのクラッチフルード交換

BMWのクラッチフルード交換は、国産とは違い、シート右下位の位置にホースが伸びています。シート下側(左より)もあります。
クラッチフルード交換する際、ニップルは後から取り付けますので、ニップルを所持していないと交換できません。ニップルは、サイズを調べてから購入しましょう。国産に使われているニップルよりもネジ径が大きいはずです。
ニップルと取り付けた後、ホースを取り付けてフルード交換を行います。ニップルは、手の力で回るのでメガネレンチを使う必要はありません。
専用のクラッチフルードが必要な車種と、ブレーキフルードで良い車種がありますので、良く確認してから交換しましょう。
BMWを整備される方はインターネット上の記事を見る限り少ないと思います。BMWのバイクは国産とは違う点が多いので、下調べをしっかりしてから整備しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. キルスイッチ交換方法

    キルスイッチ取り外し・取り付け方法

  2. トップブリッジ交換方法

    トップブリッジ交換方法

  3. クラッチレバーの遊び調整方法

    クラッチレバーの遊び調整方法

  4. スロットルワイヤーの交換方法

    バイクのスロットルワイヤー交換方法

  5. スパークプラグの簡単な交換時期の見極め

  6. マスターピストンにグリス塗布でフィーリングアップ

  7. リザーバータンク内の負圧は、ブレーキのフィーリング低下を招く

  8. エンジンは分解する前に上死点を合わせる

  9. 意外と紛失している車両が多い、クラッチピポットスクリューのナット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご覧頂き誠にありがとうございます

ALLメンテナンスのWEBサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。拙い記事で分かり難い点有るかと存じますので、その際はお気軽にご連絡頂ければ幸いです。バイク好きの皆様のお役に立てれば幸いでございます。

純正部品のお見積もり・ご注文

純正部品のお見積もり・ご注文

最近の記事

  1. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける
  2. バッテリー電解液の取り扱いは要注意
  3. エレクトロタップの使用は控えよう
  4. 電球が黒くなっていれば交換
  5. 灯火類のレンズ割れは要交換
  6. イグニッションコイルのアースの錆は失火の原因になる
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事ございましたら、お気軽にお頼り下さい。24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援致します。

お蔭様でご好評頂いております。ありがとうございます。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

PAGE TOP