ピンプラグはラチェットビットで外す

国産メーカーのキャリパーのピンプラグはマイナスネジで取り付けられている場合が多いです。画像はNISSINのキャリパー。このピンプラグをマイナスドライバーで外してナメ掛かった方も多いはずです。
ピンプラグはマイナスドライバーではなく、ラチェットビットで緩めましょう。
これで9割の固着したピンプラグは緩みます。もしラチェットビットでも外れない場合はショックドライバーで緩めましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. トルクレンチの使い方

    トルクレンチの使い方

  2. マスターピストンにグリス塗布でフィーリングアップ

  3. ブレーキレバー交換方法

    バイクのブレーキレバー交換方法

  4. ブレーキレバーを握ってもブレーキが効かない

    [故障診断と対策事例]ブレーキレバーを握ってもブレーキが効かない

  5. ナメたら逆タップ

  6. 標準締め付けトルク一覧表

    バイクの標準締め付けトルク一覧表

  7. フロントブレーキスイッチ交換方法

    バイクのフロントブレーキランプスイッチ交換方法

  8. バイク整備の工具はネプロスがお勧め

  9. フロントフォーク・キャリパー・ホイールは必ず指定トルクで締め付け

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 2サイクルエンジンとは
  2. リザーバータンク内の負圧は、ブレーキのフィーリング低下を招く
  3. 4サイクルエンジン(4st,フォースト)とは
  4. マスターピストンにグリス塗布でフィーリングアップ
  5. 意外と紛失している車両が多い、クラッチピポットスクリューのナット
  6. フロントフォークのメタル剥離
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事が出てきましたら、お気軽に相談して下さい。基本、24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援します。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

格安整備済みバイク情報

販売中

整備中

SOLDOUT

PAGE TOP