吸・排気ポートのカーボンの様子と除去方法

排気ポート

マフラーの取り付け側から、排気ポートを撮影した様子です。車種はCBR400RR NC29、走行距離は、約46,000kmです。
カーボンがポートに付いているのがお分かりいただけると思います。
これだけカーボンが付着していれば、排気ガスの抵抗になりスムーズに排出出来ません。

マフラーの入り口側から清掃した時の様子です。まだ、奥にカーボンが付着しているのが見て取れます。
因みに、この時、キャブレタークリーナーがカーボンにどれ程影響を与えるのか試していました。製品はニューテックのキャブレタークリーナーです。拡大して頂けると分かるのですが、カーボンが剥がれかかっています。効果は上々ですが、ヤマハのキャブレタークリーナーを使うと更に強力な事が分かりました。
最終的に、キャブレタークリーナーでは手間と時間が掛かるので電動ブラシを使用してポート内の清掃を行います。

吸気ポート

DUCATI スポーツツーリング ST3の吸気ポートの様子です。燃料を燃焼室に送る際にバルブのカーボンに燃料が吸い取られてスムーズに送り込むことが出来ません。定期的に添加剤で清掃すると、このカーボンが剥がれて燃え、吹け上がりがスムーズになります。中古エンジンで、走行距離は不明です。ポートにはカーボンが堆積しておらず綺麗で、バルブの支柱にも堆積は無いようにみうけられます。
経験上ですが、高回転型エンジンに吸気側のカーボンの堆積が多いように感じます。

ポートのカーボンの除去方法

  • WAKO’S フューエルワン
  • YAMAHA PEAカーボンクリーナー
  • NUTEC NC-220

上記のケミカルで、吸気ポート(バルブの傘・支柱含む)、燃焼室は清掃できます。ただ、完全に除去出来る訳ではなく、カーボンを徐々に除去して比較的少なくなるという表現が正しいのかもしれません。
排気ポートや排気バルブは、シリンダヘッドを取り外して清掃する他無いかと思います。
エンジン非分解状態で排気ポート側のカーボンを除去すると、燃焼室にカーボンが落ちてしまいますので望ましくありません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. 汎用ガスケットシートを使用した、紙ガスケットの製作方法

  2. スロットルバルブの取り付け向き

  3. リアブレーキペダルの高さ調整方法

    バイクのリアブレーキペダル高さ調整方法

  4. フロントフォーク大気解放方法

    バイクのフロントフォーク大気解放方法

  5. ヘッドライトバルブの交換方法

    バイクのヘッドライトバルブ交換方法

  6. スイッチボックス交換方法

    バイクのスイッチボックス交換方法

  7. キーシリンダー交換方法

    バイクのキーシリンダー交換方法

  8. バーエンド取り外し・取り付け方法

    バーエンド取り外し・取り付け方法

  9. バッテリー充電方法

    バイクのバッテリー充電方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. ブレーキ部品の役割をカンタン解説
  2. クラッチレバー可動部に注油しないと摩耗・フィーリング低下を招く
  3. クラッチケーブルのワイヤリングミス
  4. 2サイクルエンジンとは
  5. リザーバータンク内の負圧は、ブレーキのフィーリング低下を招く
  6. 4サイクルエンジン(4st,フォースト)とは
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事が出てきましたら、お気軽に相談して下さい。基本、24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援します。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

格安整備済みバイク情報

販売中

整備中

SOLDOUT

PAGE TOP