不可解な現象

フロントホイールダストシールの摩耗

ホイールのダストシールに異常に小石が入り込んでおり、ホイールカラーを取り付けたら、ホイールカラーが脱落しました。
カラーをダストシールに合わせてみると目視で2mm以上のクリアランスが開いておりました。

リアホイールならチェーンアジャスターでアライメントが崩れて、ここまでクリアランスが広がる可能性もあるかもしれませんが、フロントでここまで過大になるのは初めて見ました。

何故ここまで広がるのでしょう。

考えられる原因

  1. ホイールが純正ではない
  2. 事故でステムのアンダーブラケットとトップブリッジの位置がずれて、フロントフォークが斜めになって走行した
  3. ホイールカラーが純正ではない
  4. ダストシールが純正ではない
  5. アクスルナットが緩んでいた

このどれかでしょうか。車両を見る限り、目立つ転倒傷がなくホイール形状も純正なので、3~5になると思うのですが、友人から譲り受けたと仰っていたので以前のバイクショップの在庫を適当に装着したのでしょうか。もしくは、DIY整備して、アクスルナットが緩んでホイールが揺れてここまで広がったのでしょうか。DIY整備で締め付け不足というのは整備していて良くある事なので、5番でしょうか。
真相はわかりませんが、知りたいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. ホイール系の整備小技集

  2. エンジンの始動困難、始動後アイドリングが高くなり、エンジン回転数の戻りが悪くなる

    [故障診断と対策事例]エンジンの始動困難、始動後アイドリングが高くなり、エンジン回転数の戻りが悪くな…

  3. リア(ドリブン)スプロケット交換方法

    バイクのリアスプロケット交換方法

  4. フロントスプロケット(ドライブスプロケット)交換方法

    バイクのフロントスプロケット交換方法

  5. フロントホイール取り外し・取り付け方法

    バイクのフロントホイール取り外し・取り付け方法

  6. プラグキャップが容易に外れる2

    [故障診断と対策事例]プラグキャップが容易に外れる

  7. [故障診断と対策事例]エンジンの始動不可、燃料タンクにサビ発生を確認。

  8. タイヤ空気圧調整方法

    バイクのタイヤ空気圧調整方法

  9. エンジン始動後レッドゾーンまで吹け上がる

    [故障診断と対策事例]エンジン始動後レッドゾーンまで吹け上がる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. ブレーキ部品の役割をカンタン解説
  2. クラッチレバー可動部に注油しないと摩耗・フィーリング低下を招く
  3. クラッチケーブルのワイヤリングミス
  4. 2サイクルエンジンとは
  5. リザーバータンク内の負圧は、ブレーキのフィーリング低下を招く
  6. 4サイクルエンジン(4st,フォースト)とは
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事が出てきましたら、お気軽に相談して下さい。基本、24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援します。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

格安整備済みバイク情報

販売中

整備中

SOLDOUT

PAGE TOP