意外と緩みやすい、サイドスタンド取り付けボルト

バイクを支える重要な役割をするサイドスタンド。以前、サイドスタンドが緩んでいる車両がありそれ以降、車検時にサイドスタンドの緩み点検を項目に追加しています。約1割程度の割合で緩んでいる車両があります。なので、定期的にサイドスタンドの緩み点検をする事をお勧めします。

追記

スクーターにサイドスタンドを取り付ける際の取り扱い説明書にも、定期的に緩み点検をするようにとの記載がございました。やはり緩みやすいようなので、2年毎に点検しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. 汎用ガスケットシートを使用した、紙ガスケットの製作方法

  2. タップ下穴寸法一覧表

    タップ下穴寸法一覧表

  3. ホースバンドの使い分け

  4. バイスによるボルトの取り外し方法

  5. 弧を描くタイプの燃料タンクを支える方法

  6. 分解前に心配なら写真を撮影する

  7. 逆タップ(エキストラクター)による折れたボルトの救出方法

  8. 固着したネジは、ラチェットビットで9割解決

  9. バイク整備する上で必要最低限知っておくべき情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご覧頂き誠にありがとうございます

ALLメンテナンスのWEBサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。拙い記事で分かり難い点有るかと存じますので、その際はお気軽にご連絡頂ければ幸いです。バイク好きの皆様のお役に立てれば幸いでございます。

純正部品のお見積もり・ご注文

純正部品のお見積もり・ご注文

最近の記事

  1. 分解前に心配なら写真を撮影する
  2. メモ書きをキーシリンダーに挿してミスを無くそう
  3. 意外と緩みやすい、サイドスタンド取り付けボルト
  4. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける
  5. バッテリー電解液の取り扱いは要注意
  6. エレクトロタップの使用は控えよう
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事ございましたら、お気軽にお頼り下さい。24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援致します。

お蔭様でご好評頂いております。ありがとうございます。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

PAGE TOP