インシュレーターのヒビ割れ応急処置方法

キャブレターとエンジンを連結する為のゴム製品のインシュレーター。
表面だけ割れているインシュレーターの場合は、シリコン液体ガスケットを使用して応急処置的に可能です。
シリコンガスケットを割れ目に塗り込んでから、表面を覆うように少し多めに塗布して下さい。完全に裏までひび割れが進行しているようなら交換です。
使用したガスケットは、ワコーズのガスケットメイクです。

液体ガスケットを塗布する場合は、インシュレーターを取り外し、パーツクリーナーで表面を脱脂した後、シリコンガスケットを塗布しましょう。エンジンの取り付けたままの状態の場合、手が届かず、完全に覆えない場合があります。

あくまでも、応急処置ですので資金面や部品が見つかった時点で交換をしましょう。
クラックからエアーを吸うと、2次エアーとなり混合比が薄くなり走行が困難になります。安心・安全に走行する為にも早めの交換をしましょう。

インシュレーターが廃盤の場合の対処法

KN企画から汎用インシュレーターが販売されていますので、そちらでサイズをみて検討してみて下さい。
社外部品や、純正部品でも国内のヤフーオークションや、海外のeBayまで検索してみると大抵見つかります。海外から取る場合は、送料が高くなります。また、英語が苦手な方は、eBayの日本語版のセカイモンを利用すると良いでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. 2サイクルエンジンオイルのリザーバータンクジョイントには液体ガスケット塗布

  2. エアフィルターレスは控えよう

  3. 燃料タンクのサビ除去は、2回に分けて行う

  4. キャブレターの取り外し・取り付け方法

    キャブレターの取り外し・取り付け方法

  5. 弧を描くタイプの燃料タンクを支える方法

  6. 燃料ホースはひび割れ・硬化で必ず交換

  7. フロートピンの支柱を折らない為に取り外しは慎重に

  8. 長く乗りたいならキャブの三又ジョイントはストックしておくべき

  9. バイクのスロットルワイヤー注油方法

    バイクのスロットルワイヤー注油方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 2サイクルエンジンとは
  2. リザーバータンク内の負圧は、ブレーキのフィーリング低下を招く
  3. 4サイクルエンジン(4st,フォースト)とは
  4. マスターピストンにグリス塗布でフィーリングアップ
  5. 意外と紛失している車両が多い、クラッチピポットスクリューのナット
  6. フロントフォークのメタル剥離
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事が出てきましたら、お気軽に相談して下さい。基本、24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援します。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

格安整備済みバイク情報

販売中

整備中

SOLDOUT

PAGE TOP