燃料フィルターの点検・清掃

燃料に含まれている異物を除去する為に燃料フィルターがあります。燃料コックに一緒に取り付けられている場合と、燃料ホースに割り込ませてある場合とがあります。
インジェクション車は、燃料タンクの下部から取り付けられています。

4年に1度で良いので定期的に点検・清掃しましょう。清掃できない非分解型燃料フィルターは交換しましょう。
社外品の清掃できるタイプへの交換も良いでしょう。

燃料フィルターの清掃方法

燃料フィルターを取り外した後、パーツクリーナーで汚れを落とし、エアーガンでエアブローしてパーツクリーナーの成分を除去しましょう。過度に汚れていたり、経年劣化が見られるようでしたら交換も検討すると良いでしょう。
燃料フィルターの目に汚れが付着していない事を確認し、再度元通り組み付けます。
Oリングは出来れば交換しましょう。

燃料フィルターのOリングの再利用について

燃料フィルターのOリングは、再利用は意外と可能です。もし、燃料フィルターに燃料を送り漏れるようでしたら新品Oリングへ交換しましょう。
心配な方は新品Oリングへ交換して下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. カーボンの蓄積箇所と対策方法

    カーボンの蓄積箇所と対策方法

  2. 湿式エアフィルターの清掃・注油方法

  3. キャブレターのガス抜き方法

    キャブレターのガス抜き方法

  4. 吸気&排気系の整備小技集

  5. インシュレーターのヒビ割れ応急処置方法

  6. バイクのスロットルワイヤー注油方法

    バイクのスロットルワイヤー注油方法

  7. 2サイクルエンジンオイルのリザーバータンクジョイントには液体ガスケット塗布

  8. エアージェットの交換方法

  9. キャブレターのフロートバルブ固着時の外し方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご覧頂き誠にありがとうございます

ALLメンテナンスのWEBサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。拙い記事で分かり難い点有るかと存じますので、その際はお気軽にご連絡頂ければ幸いです。バイク好きの皆様のお役に立てれば幸いでございます。

純正部品のお見積もり・ご注文

純正部品のお見積もり・ご注文

最近の記事

  1. メモ書きをキーシリンダーに挿してミスを無くそう
  2. 意外と緩みやすい、サイドスタンド取り付けボルト
  3. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける
  4. バッテリー電解液の取り扱いは要注意
  5. エレクトロタップの使用は控えよう
  6. 電球が黒くなっていれば交換
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事ございましたら、お気軽にお頼り下さい。24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援致します。

お蔭様でご好評頂いております。ありがとうございます。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

PAGE TOP