燃料フィルターの点検・清掃

燃料に含まれている異物を除去する為に燃料フィルターがあります。燃料コックに一緒に取り付けられている場合と、燃料ホースに割り込ませてある場合とがあります。
インジェクション車は、燃料タンクの下部から取り付けられています。

4年に1度で良いので定期的に点検・清掃しましょう。清掃できない非分解型燃料フィルターは交換しましょう。
社外品の清掃できるタイプへの交換も良いでしょう。

燃料フィルターの清掃方法

燃料フィルターを取り外した後、パーツクリーナーで汚れを落とし、エアーガンでエアブローしてパーツクリーナーの成分を除去しましょう。過度に汚れていたり、経年劣化が見られるようでしたら交換も検討すると良いでしょう。
燃料フィルターの目に汚れが付着していない事を確認し、再度元通り組み付けます。
Oリングは出来れば交換しましょう。

燃料フィルターのOリングの再利用について

燃料フィルターのOリングは、再利用は意外と可能です。もし、燃料フィルターに燃料を送り漏れるようでしたら新品Oリングへ交換しましょう。
心配な方は新品Oリングへ交換して下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. インシュレーターのヒビ割れ応急処置方法

  2. スロットルコート

  3. エンジン始動後レッドゾーンまで吹け上がる

    [故障診断と対策事例]エンジン始動後レッドゾーンまで吹け上がる

  4. フロートチャンバーのOリングの再利用基準

  5. サイレンサー取り外し・取り付け方法

    バイクのサイレンサー取り付け・取り外し方法

  6. マフラー取り付け時後は必ず脱脂

  7. エアフィルターレスは控えよう

  8. 使用済みガスケットの再利用基準

  9. ジェットニードルの清掃方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 2サイクルエンジンとは
  2. リザーバータンク内の負圧は、ブレーキのフィーリング低下を招く
  3. 4サイクルエンジン(4st,フォースト)とは
  4. マスターピストンにグリス塗布でフィーリングアップ
  5. 意外と紛失している車両が多い、クラッチピポットスクリューのナット
  6. フロントフォークのメタル剥離
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事が出てきましたら、お気軽に相談して下さい。基本、24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援します。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

格安整備済みバイク情報

販売中

整備中

SOLDOUT

PAGE TOP