イグニッションコイルのアースの錆は失火の原因になる

イグニッションコイルのアース箇所が錆ているのが確認できます。この錆が導通不良を引き起こしスパークプラグからスパークし難くなり失火を引き起こす場合があります。
錆は真鍮ブラシで磨き、接点復活剤のウェットタイプや、接点グリスを塗布しておくと良いでしょう。一次側の端子にも接点グリスを塗布しておくと良いでしょう。

イグニッションコイルは、12Vから3万V以上へ昇圧させるパーツです。錆や腐食で抵抗が大きくなれば、電気の通りが悪くなります。アースやイグニッションコイルの一次側の端子は重要で、不具合も発生する可能性が有るので定期的に錆取り・グリスアップのメンテナンスを行いましょう。特に、旧車は不具合を起こし易いのでメンテナンス必須です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. バッテリー交換方法

    バイクのバッテリー交換方法

  2. 珍しいスパークプラグ

  3. セルモーター交換方法

    バイクのセルモーター交換方法

  4. スパークプラグとは

    スパークプラグとは

  5. 自作昇圧回路

  6. 水温計動作点検方法

  7. 電球が黒くなっていれば交換

  8. 灯火類のレンズ割れは要交換

  9. 放置車両は虫がいることも

コメント

    • 4HM
    • 2019年 8月 26日

    xjr400のイグニッションコイルにアースは付いてません
    配線図を見てもアースわ有りませんし
    イグニッションを車体に取り付けなくても普通にエンジン掛かります

      • 石川 剛大
      • 2019年 8月 26日

      コメントありがとうございます。
      誤解させてしまったようで申し訳ございません。画像は、上記を事を伝える為のサンプル画像です。
      本記事で伝えたかった事は、アースを取るイグニッションコイルの場合、錆が発生していると失火の原因になる場合があるという事でございます。アースのみならずプラス端子も同様でございます。

      XJR400のイグニッションコイルは、アースはエンジンになります。仕組みとしては、1番に中心電極から接地電極にスパークすると、エンジンを伝い4番の接地電極から中心電極にスパークして火を飛ばします。こうして、エンジン内をまわり消化します。1番と4番のスパークプラグのスパークプラグを観察すると、減りが違うのが分かります。一方は、中心電極側が、もう一方は接地電極側が減ります。スパークの飛ばしている方向が影響している事をあらわしております。2番と3番も同様です。なので、XJRはアースはエンジンという認識で良いかと思います。誤解させて申し訳ございません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご覧頂き誠にありがとうございます

ALLメンテナンスのWEBサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。本WEBサイトは、バイクの整備情報をバイクメンテナンスするオーナー様に向けて整備情報を発信しております。

バイク好きの皆様のお役に立てれば幸いでございます。

最近の記事

  1. バイクの可動部(レバー・ペダル・ケーブル)に使用するお勧め潤滑剤
  2. 分解前に心配なら写真を撮影する
  3. メモ書きをキーシリンダーに挿してミスを無くそう
  4. 意外と緩みやすい、サイドスタンド取り付けボルト
  5. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける
  6. バッテリー電解液の取り扱いは要注意
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備・修理のアドバイス差し上げておりますので、お気軽にお頼り下さい。24時間以内にお返事をさせて頂きます。
相談費用は無料で回数制限はございません。
バイクの整備用品が必要な際は、ALLメンテナンスSHOPをご利用頂けると幸いです。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

PAGE TOP