ホースバンドの使い分け

ホースバンドは、主に画像のような2タイプがあるかと思います。左の帯状は、ホースに優しいですが結束力は劣ります。右のワイヤー状は、ホースに接触する箇所の劣化は早いですが結束力は優れます。
中華製のラジエターホースなんかは、フィッティングが悪く漏れが発生する場合があります。通常は帯状のホースバンドを使用して、漏れが発生するようならワイヤー上のホースバンドを使用すると良いでしょう。

DUCATIのクリップタイプのホースバンドによる漏れ

DUCATI等に使われているラジエターホースのクリップタイプホースバンドは、結束力が劣り、稀に漏れが発生する場合があります。その場合は、液体ガスケットを使用したり、ホースバンドを帯状のものに交換して対応すると漏れは止まります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. ボルト・ナット頭の清掃方法

    [ルックス向上]ボルト・ナット頭の清掃方法

  2. [まとめ]バイク売却ノウハウ

    [まとめ]バイク売却ノウハウ

  3. シフトペダルフィーリング向上方法

    シフトペダルフィーリング向上方法

  4. 逆タップ(エキストラクター)による折れたボルトの救出方法

  5. バイク整備・修理工賃一覧表

    [詳細版]バイクの整備・修理工賃一覧表

  6. 締め付けトルク単位変換表 N-m kg-m

    締め付けトルク単位変換表(kg-m⇔N-m)

  7. トルクレンチを使う前にタップ・ダイスを掛ける必要性

    トルクレンチを使う前にタップ・ダイスを掛ける必要性

  8. タップ下穴寸法一覧表

    タップ下穴寸法一覧表

  9. ステップバー交換方法

    ステップバーの交換方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご覧頂き誠にありがとうございます

ALLメンテナンスのWEBサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。拙い記事で分かり難い点有るかと存じますので、その際はお気軽にご連絡頂ければ幸いです。バイク好きの皆様のお役に立てれば幸いでございます。

純正部品のお見積もり・ご注文

純正部品のお見積もり・ご注文

最近の記事

  1. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける
  2. バッテリー電解液の取り扱いは要注意
  3. エレクトロタップの使用は控えよう
  4. 電球が黒くなっていれば交換
  5. 灯火類のレンズ割れは要交換
  6. イグニッションコイルのアースの錆は失火の原因になる
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事ございましたら、お気軽にお頼り下さい。24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援致します。

お蔭様でご好評頂いております。ありがとうございます。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

PAGE TOP