ギアボックスへのオイル注油方法

ギアオイルを注ぐ際、オイルフィラーキャップが車体に対して90度の位置に付いていて、漏斗を使えない場合があります。そんな時は、ボトルを用意して、その中にギアオイルを入れてボトルを押して注ぎます。ギアオイルの計量にはメスシリンダーを使用すると良いでしょう。大体の場合、車体を水平にして、規定量入れると溢れる位の位置にきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. [故障診断と対策事例]圧縮圧力が異常に低い

  2. シリンダー取り外し前に、冷却水を吸い取りましょう

  3. エンジンオーバーホール時、燃焼室の汚れを除去

  4. 2サイクルエンジンオイルのリザーバータンクジョイントには液体ガスケット塗布

  5. オイル漏れは対策しよう

  6. ボクサーエンジンはオイルを消費する

  7. クラッチフルード交換方法

  8. オイルフィルターは、オイルを入れてから取り付け

  9. クラッチアームがシャフトから外れない場合の対処法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご覧頂き誠にありがとうございます

ALLメンテナンスのWEBサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。拙い記事で分かり難い点有るかと存じますので、その際はお気軽にご連絡頂ければ幸いです。バイク好きの皆様のお役に立てれば幸いでございます。

純正部品のお見積もり・ご注文

純正部品のお見積もり・ご注文

最近の記事

  1. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける
  2. バッテリー電解液の取り扱いは要注意
  3. エレクトロタップの使用は控えよう
  4. 電球が黒くなっていれば交換
  5. 灯火類のレンズ割れは要交換
  6. イグニッションコイルのアースの錆は失火の原因になる
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事ございましたら、お気軽にお頼り下さい。24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援致します。

お蔭様でご好評頂いております。ありがとうございます。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

PAGE TOP