ギアボックスへのオイル注油方法

ギアオイルを注ぐ際、オイルフィラーキャップが車体に対して90度の位置に付いていて、漏斗を使えない場合があります。そんな時は、ボトルを用意して、その中にギアオイルを入れてボトルを押して注ぎます。ギアオイルの計量にはメスシリンダーを使用すると良いでしょう。大体の場合、車体を水平にして、規定量入れると溢れる位の位置にきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. BMWのクラッチフルード交換

  2. エンジンオーバーホール時、燃焼室の汚れを除去

  3. カーボンの蓄積箇所と対策方法

    カーボンの蓄積箇所と対策方法

  4. オイル漏れは対策しよう

  5. バイクのクラッチワイヤー交換方法

    バイクのクラッチワイヤー交換方法

  6. クラッチフルード交換方法

  7. ボクサーエンジンはオイルを消費する

  8. フロントスプロケット(ドライブスプロケット)交換方法

    バイクのフロントスプロケット交換方法

  9. BMW ギアボックスのオイル量点検

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. ブレーキ部品の役割をカンタン解説
  2. クラッチレバー可動部に注油しないと摩耗・フィーリング低下を招く
  3. クラッチケーブルのワイヤリングミス
  4. 2サイクルエンジンとは
  5. リザーバータンク内の負圧は、ブレーキのフィーリング低下を招く
  6. 4サイクルエンジン(4st,フォースト)とは
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事が出てきましたら、お気軽に相談して下さい。基本、24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援します。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

格安整備済みバイク情報

販売中

整備中

SOLDOUT

PAGE TOP