フロントフォークのメタル剥離

フロントフォークのオーバーホールというと、ダストシールやオイルシールばかりに目がいってしまいがちですが、インナーチューブの摺動にスライドメタルというパーツが取り付けられています。昔このスライドメタルが無いフロントフォークの時代があったそうで、スライドメタルを使用した所、フロントフォークの寿命が伸びたようで、スライドメタルを採用する事になったそうです。

左が新品、右が使用後のスライドメタルです。使用後のスライドメタルは剥離が見られます。エンジン内部の4サイクルエンジンに使われているメタルもそうですが、剥離がある場合には交換しましょう。一度もOHされていなければ、本スライドメタルは40,000km走行した事になります。

フロントフォークOH時には、スライドメタル(アウターチューブとインナーチューブに2つ)交換しましょう。アウターチューブについているメタルは交換できないものもあります。その場合は既存の物を使うか、アウターチューブを新品交換です。

フロントフォークOH時に交換するのは、スライドメタル(名称は違う場合があります)2個、オイルシール1個・ダストシール1個、ストッパリング1個、ソケットボルトのドレンワッシャー1個になります。これを2フォーク分取り寄せて交換しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. フロントフォークとは

    フロントフォークとは

  2. サスペンション系の整備小技集

  3. フロントフォーク取り付け後は、アクスルシャフトを通して突き出し量を点検・調整

  4. フロントフォーク・キャリパー・ホイールは必ず指定トルクで締め付け

  5. フロントフォークの種類の違いによる、フロントホイール脱着注意点

    フロントフォークの種類の違いによる、フロントホイール脱着注意点

  6. フロントフォークOH時は、シールの圧入調整を行う

  7. トップキャップの締め付けにはアルミ製・樹脂製の工具の使用がお勧め

  8. フォークブーツの損傷は、中に汚れが溜まる場合があるので交換

  9. フロントフォークの取り外し・取り付け方法

    バイクのフロントフォーク取り外し・取り付け方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご覧頂き誠にありがとうございます

ALLメンテナンスのWEBサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。拙い記事で分かり難い点有るかと存じますので、その際はお気軽にご連絡頂ければ幸いです。バイク好きの皆様のお役に立てれば幸いでございます。

純正部品のお見積もり・ご注文

純正部品のお見積もり・ご注文

最近の記事

  1. 分解前に心配なら写真を撮影する
  2. メモ書きをキーシリンダーに挿してミスを無くそう
  3. 意外と緩みやすい、サイドスタンド取り付けボルト
  4. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける
  5. バッテリー電解液の取り扱いは要注意
  6. エレクトロタップの使用は控えよう
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事ございましたら、お気軽にお頼り下さい。24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援致します。

お蔭様でご好評頂いております。ありがとうございます。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

PAGE TOP