フロートピンの支柱を折らない為に取り外しは慎重に

フロートピンは、容易に外れるタイプと、圧入タイプが有るかと思います。
支柱はご覧の通り細くて強度が無く折れやすいので圧入タイプのフロートピンを強引に外そうとすると折れます。画像は、支柱が折れてパテで補修してある様子です。
補修する際は、耐油性のパテを盛り、穴を開けると良いかと思います。
折れない為に、ピンドライバーという工具で叩いて外します。ピンドライバーで外れない場合は、純正工具の特殊工具を使用したり、強弱設定できるオートポンチを使用して外す事ができます。
強弱設定できるオートポンチの使用が最も容易に外す事が出来ます。圧入式フロートピンの外し方は別の記事で書かせていただきます。

古いキャブレターや、不人気車種の場合は、中古キャブレター自体入手困難な場合がありますので、フロートピンの取り外しは支柱を折らないよう注意して外す必要があります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. 燃料フィルターの点検・清掃

  2. スロットルの清掃方法

  3. マフラー取り付け時後は必ず脱脂

  4. ターボとは

    ターボとは

  5. 長く乗りたいならキャブの三又ジョイントはストックしておくべき

  6. スロットルバルブシャフト可動部注油で動き改善

  7. フロートチャンバーのOリングの再利用基準

  8. スロットルバルブキャップのガスケット交換

  9. O2センサーの脱着・清掃方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご覧頂き誠にありがとうございます

ALLメンテナンスのWEBサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。本WEBサイトは、バイクの整備情報をバイクメンテナンスするオーナー様に向けて整備情報を発信しております。

拙い記事で分かり難い点有るかと存じますので、その際はお気軽にお聞き頂ければ24時間以内にお返事差し上げております。

バイク好きの皆様のお役に立てれば幸いでございます。

純正部品のご注文(14バイクメーカー取扱可)

最近の記事

  1. バイクの可動部(レバー・ペダル・ケーブル)に使用するお勧め潤滑剤
  2. 分解前に心配なら写真を撮影する
  3. メモ書きをキーシリンダーに挿してミスを無くそう
  4. 意外と緩みやすい、サイドスタンド取り付けボルト
  5. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける
  6. バッテリー電解液の取り扱いは要注意
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備・修理のアドバイス差し上げておりますので、お気軽にお頼り下さい。24時間以内にお返事をさせて頂きます。
相談費用は無料で回数制限はございません。
バイクの整備用品が必要な際は、ALLメンテナンスSHOPをご利用頂けると幸いです。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

PAGE TOP