フロートチャンバーのOリングの再利用基準

既存の取り付けられていたフロートチャンバーのOリング。
再利用基準は、フロートチャンバーを真横から見て、Oリングが浮き出ていれば再利用可能です。
画像のように、フロートチャンバーから浮き出ていない場合は既に交換時期を迎えています。このまま再利用すると、オーバーフローする可能性があります。
再利用出来るか微妙な場合は、一度キャブレターを組み立ててサブガソリンタンクを繋いで、燃料をフロートチャンバーに流し込み、オーバーフローしないか点検しましょう。
尚、キャブレターの角度も考慮してオーバーフローの点検をしてみて下さい。スーパースポーツに多いエンジンが前傾のバイクは、キャブレターの角度もそれに合わせて前傾になっている場合があるので、キャブレターも角度を考慮してオーバーフローの点検をしてみて下さい。

こちらは、新品のOリングです。フロートチャンバーから盛り上がっているのが確認できます。
Oリングは潰れるので紙ガスケットと比べて寿命が短いです。

Oリングがフロートチャンバーの枠にはまらない場合

Oリングはガソリンに触れると縮んでフロートチャンバーの枠にはまらなくなる場合があります。縮んだままの状態で取り付けると、Oリングを噛んだ状態で取り付ける可能性があり、オーバーフローする場合があります。
その場合は、指でOリングを全体的に少しずつ伸ばせば再利用可能です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. 湿式エアフィルターの清掃・注油方法

  2. カーボンの蓄積箇所と対策方法

    カーボンの蓄積箇所と対策方法

  3. ブローバイが多い場合の原因・対策

  4. 吸・排気ポートのカーボンの様子と除去方法

  5. フロートピンの支柱を折らない為に取り外しは慎重に

  6. 2サイクルエンジンオイルのリザーバータンクジョイントには液体ガスケット塗布

  7. スロットルバルブシャフト可動部注油で動き改善

  8. エアージェットの交換方法

  9. 燃料タンクのサビ除去は、2回に分けて行う

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご覧頂き誠にありがとうございます

ALLメンテナンスのWEBサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。拙い記事で分かり難い点有るかと存じますので、その際はお気軽にご連絡頂ければ幸いです。バイク好きの皆様のお役に立てれば幸いでございます。

純正部品のお見積もり・ご注文

純正部品のお見積もり・ご注文

最近の記事

  1. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける
  2. バッテリー電解液の取り扱いは要注意
  3. エレクトロタップの使用は控えよう
  4. 電球が黒くなっていれば交換
  5. 灯火類のレンズ割れは要交換
  6. イグニッションコイルのアースの錆は失火の原因になる
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事ございましたら、お気軽にお頼り下さい。24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援致します。

お蔭様でご好評頂いております。ありがとうございます。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

PAGE TOP