ダイスはスナップオン

一般的なダイスは、全てにねじ山が切ってあります。ネジ径が大きくなっていくにつれて、ダイスを回す力が大きくなり、疲れてしまいます。
スナップオンのダイスのねじ山を見て頂けると、全てにねじ山が切ってある訳ではないので、ダイスを少しの力で回せるので、容易にダイスを掛ける事ができます。ダイスの外周も円ではなく凹凸があるので力を加えやすいです。スナップオンのダイスは非常に使い易いのでお勧めです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. トルクレンチの使い方

    トルクレンチの使い方

  2. 錆取り剤で小綺麗に

  3. 大抵のバイク整備に対応する必要最低限の厳選工具

    大抵のバイク整備に対応する必要最低限の厳選工具

  4. 標準締め付けトルク一覧表

    バイクの標準締め付けトルク一覧表

  5. 工具&ケミカル系の整備小技集

  6. 逆タップ(エキストラクター)による折れたボルトの救出方法

  7. バイク用缶スプレー塗料 デイトナ MCペインターのカラーコードと車種適合一覧表

  8. ピンプラグはラチェットビットで外す

  9. ネジロック剤の使い方

    ネジロック剤の使い方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご覧頂き誠にありがとうございます

ALLメンテナンスのWEBサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。拙い記事で分かり難い点有るかと存じますので、その際はお気軽にご連絡頂ければ幸いです。バイク好きの皆様のお役に立てれば幸いでございます。

純正部品のお見積もり・ご注文

純正部品のお見積もり・ご注文

最近の記事

  1. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける
  2. バッテリー電解液の取り扱いは要注意
  3. エレクトロタップの使用は控えよう
  4. 電球が黒くなっていれば交換
  5. 灯火類のレンズ割れは要交換
  6. イグニッションコイルのアースの錆は失火の原因になる
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事ございましたら、お気軽にお頼り下さい。24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援致します。

お蔭様でご好評頂いております。ありがとうございます。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

PAGE TOP