冷却系の整備小技集

クーラントの色が茶色になってから交換では手遅れ

冷却水が腐食すると茶色くなります。リザーバータンクをみると、一見FULLとLOWの中間レベルまでありますが、中を覗いてみると、腐食して茶色いヘドロが付着しています。因みに、逆さまにしても中間レベルを指しています。(ヘドロが着色している)
高圧洗浄機のノズルを入れて、洗浄しても、細部までは綺麗になりません。勿論、エンジン内部・ラジエターにもこのヘドロが付着しています。ワコーズから「ラジエターフラッシュ」という洗浄ケミカルがラインナップされているので、そちらでフラッシングすると良いでしょう。リザーバータンクは汚れが気になればパーツのあるうちに交換しましょう。

サーモスタットの位置確認

サーモスタットが入っている箇所は、ハウジングがあり、ラジエターホースが繋がっています。ハウジングは丸い形状なので分かり易いかと思います。
サーモスタットとは、エンジンとラジエターの冷却水を繋ぐバルブです。冷却水は60度位までエンジン内を循環していて、60度位から徐々にサーモスタットのバルブが開いてラジエターに冷却水を送り込み、走行風でラジエター内の冷却水を冷やします。サーモスタットが故障して、常時開閉状態の場合はオーバークールかオーバーヒートを発生しますので交換しましょう。

ラジエターリークテスター

ラジエターホースを交換した際、バンドの締め付け不足やホースが合わない場合、冷却水が漏れる可能性が有ります。
冷却水を入れる前に、ラジエターリークテスターで、ウォーターラインに圧力を掛けて冷却水の漏れが無いか点検します。

コアガードを自家塗装で綺麗に

画像はラジエターのコアガード。
錆や塗装剝げが発生していると、気になるかと思います。簡単な塗装をご紹介します。

  1. 下地:サンドペーパー200番程度で錆を落とし、塗装面に傷を付ける
  2. 洗浄:霧吹きに食器用の中性洗剤を入れて、パーツに吹き付けて、ブラシで洗浄
  3. 脱脂:シンナーやパーツクリーナー、シリコンオフのいずれかで脱脂
  4. 乾燥:放置して乾燥させる
  5. 下地2:プラサフを吹いてサンドペーパーの傷を埋める
  6. 本塗り:2~3回ほど重ね塗りをする
  7. クリア塗装:保護・艶目的でクリア塗装をする。ガソリンに触れる場合は、ウレタン塗装必須。

剥離までする必要はありません。剥がれた塗装の段差を埋める為にペーパーで滑らかにしてあげて、プラサフを吹いて塗装すれば綺麗に仕上がります。
サンドブラストがあると、より便利。キャビネット型の吸い上げ式で、大きいコンプレッサーを使用すると良いでしょう。アストロプロダクツさんの落下式ブラストガンのレビューが高いので試してみましたが、威力が弱く時間が掛かり、小さい異物で詰まってしまいます。吸い上げ式がベストです。細々した所は、ブラストで簡単に錆取りから下地まで作れます。

締め付けタイプのホースバンドの選択

締め付けタイプのホースバンドは、主に画像のような2タイプがあるかと思います。左の帯状はホースに優しいですが結束力は劣ります。右のワイヤー状は、ホースに接触する箇所の劣化は早いですが結束力は優れます。
中華製のホースですと、フィッティングが悪く漏れが発生する場合があります。通常は帯状のホースバンドを使用して、漏れが発生するようならワイヤー上のホースバンドを使用すると良いでしょう。

ドカティ等のラジエターホースに使用されているクリップタイプは結束力が弱く漏れが発生する場合が有りますので、その際は締め付けタイプに交換すると良いでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. 水温計動作点検方法

  2. ワイヤー先端のタイコにもグリスアップ

  3. シリンダー取り外し前に、冷却水を吸い取りましょう

  4. クーラントの色が茶色になってから交換では手遅れ

  5. 外装系の整備小技集

  6. ラジエターリークテスターで冷却水の漏れ点検

  7. 電装系の整備小技集

  8. その他の整備小技集

  9. サーモスタット点検方法

    サーモスタット点検方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご覧頂き誠にありがとうございます

ALLメンテナンスのWEBサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。拙い記事で分かり難い点有るかと存じますので、その際はお気軽にご連絡頂ければ幸いです。バイク好きの皆様のお役に立てれば幸いでございます。

純正部品のお見積もり・ご注文

純正部品のお見積もり・ご注文

最近の記事

  1. メモ書きをキーシリンダーに挿してミスを無くそう
  2. 意外と緩みやすい、サイドスタンド取り付けボルト
  3. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける
  4. バッテリー電解液の取り扱いは要注意
  5. エレクトロタップの使用は控えよう
  6. 電球が黒くなっていれば交換
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事ございましたら、お気軽にお頼り下さい。24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援致します。

お蔭様でご好評頂いております。ありがとうございます。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

PAGE TOP