圧縮圧力の測定方法

エンジンが動かない原因は大きく3つしかありません。点火系不良、圧縮系不良、燃料系不良のいずれかになります。
圧縮系不良は、発生する確率は3つの中で最も確率は低いです。一番は燃料系、次に点火系、圧縮系となります。

圧縮圧力を計測する専用工具

圧縮圧力は、コンプレッションゲージという専用工具を使用します。アタッチメントによって、取り付けできない場合がありますので、事前にプラグの径を確認してから適するコンプレッションゲージやアタッチメントを購入すると良いでしょう。

圧縮圧力の数値

圧縮圧力の数値は、サービスマニュアルにて確認して下さい。
圧縮比と圧縮圧力と誤解している方がいらっしゃるかとおもいますが、圧縮比ではなく、圧縮圧力の項目の数値と照らし合わせて下さい。

コンプレッションゲージでの計測方法

コンプレッションゲージでの計測方法と致しまして、スロットルを全開にしてから、キックやセルを回します。針がこれ以上振れないと判断した最大値で計測します。
何回までキックするや何秒までセルと回すといった事では無く、最大値で判断して下さい。
バッテリーは事前に充電して、勢いよくセルが回るようにしておきましょう。

計測中は、スパークプラグをアースする

プラグキャップにスパークプラグを装着して、アースして圧縮圧力を計測しましょう。
理由は、スパークプラグやイグナイターに帯電してしまい、稀にイグナイターがパンクする場合があります。
圧縮圧力テストをした後に、スパークプラグを触った際に手にパチっと電気が流れてきた経験の有る方もいらっしゃると思います。その帯電が過度になるとイグナイターパンクに影響がでる可能性があります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. バイクの可動部(レバー・ペダル・ケーブル)に使用するお勧め潤滑剤

  2. 汎用ガスケットシートを使用した、紙ガスケットの製作方法

  3. ボクサーエンジンはオイルを消費する

  4. スパークプラグの簡単な交換時期の見極め

  5. エンジンは分解する前に上死点を合わせる

  6. オイルフィルターは、オイルを入れてから取り付け

  7. ニップルの根元からフルード漏れをするので要点検

  8. クラッチフルード交換方法

  9. 2サイクルエンジンオイルのリザーバータンクジョイントには液体ガスケット塗布

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご覧頂き誠にありがとうございます

ALLメンテナンスのWEBサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。本WEBサイトは、バイクの整備情報をバイクメンテナンスするオーナー様に向けて整備情報を発信しております。

バイク好きの皆様のお役に立てれば幸いでございます。

最近の記事

  1. バイクの可動部(レバー・ペダル・ケーブル)に使用するお勧め潤滑剤
  2. 分解前に心配なら写真を撮影する
  3. メモ書きをキーシリンダーに挿してミスを無くそう
  4. 意外と緩みやすい、サイドスタンド取り付けボルト
  5. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける
  6. バッテリー電解液の取り扱いは要注意
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備・修理のアドバイス差し上げておりますので、お気軽にお頼り下さい。24時間以内にお返事をさせて頂きます。
相談費用は無料で回数制限はございません。
バイクの整備用品が必要な際は、ALLメンテナンスSHOPをご利用頂けると幸いです。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

PAGE TOP