コアガードを自家塗装で小綺麗に

ラジエターのコアガードは、熱と水の影響を受けるので、錆の発生する条件が揃っています。それ故、金属製のラジエターコアガードが使用されている場合は錆が発生している場合があります。
錆や塗装剝げが発生していると、気になるかと思うので、単な塗装をご紹介します。

  1. 下地:サンドペーパー200番程度や、電動のカップブラシで錆を落とし、塗装面に傷を付ける
  2. 洗浄:霧吹きに食器用の中性洗剤を入れて、パーツに吹き付けて、ブラシで洗浄
  3. 脱脂:シンナーやパーツクリーナー、シリコンオフのいずれかで脱脂
  4. 乾燥:放置して乾燥させる
  5. 下地2:プラサフを吹いてサンドペーパーの傷を埋める
  6. 本塗り:2~3回ほど重ね塗りをする
  7. クリア塗装:保護・艶目的でクリア塗装をする。ガソリンに触れる場合は、ウレタン塗装必須。

塗装を剥離までする必要はありません。剥がれた塗装の段差を埋める為にペーパーで滑らかにしてあげて、プラサフを吹いて塗装すれば綺麗に仕上がります。
サンドブラストがあると、より便利。キャビネット型の吸い上げ式で、大きいコンプレッサーを使用すると良いでしょう。アストロプロダクツさんの落下式ブラストガンのレビューが高いので試してみましたが、威力が弱く時間が掛かり、小さい異物で詰まってしまいます。吸い上げ式がベストです。細々した所は、ブラストで簡単に錆取りから下地まで作れます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. 冷却系の整備小技集

  2. サーモスタット点検・交換方法

    サーモスタット交換方法

  3. ラジエターリークテスターで冷却水の漏れ点検

  4. サーモスタット点検方法

    サーモスタット点検方法

  5. クーラントの色が茶色になってから交換では手遅れ

  6. シリンダー取り外し前に、冷却水を吸い取りましょう

  7. サーモスタットの位置確認

  8. 水温計動作点検方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご覧頂き誠にありがとうございます

ALLメンテナンスのWEBサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。拙い記事で分かり難い点有るかと存じますので、その際はお気軽にご連絡頂ければ幸いです。バイク好きの皆様のお役に立てれば幸いでございます。

純正部品のお見積もり・ご注文

純正部品のお見積もり・ご注文

最近の記事

  1. メモ書きをキーシリンダーに挿してミスを無くそう
  2. 意外と緩みやすい、サイドスタンド取り付けボルト
  3. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける
  4. バッテリー電解液の取り扱いは要注意
  5. エレクトロタップの使用は控えよう
  6. 電球が黒くなっていれば交換
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事ございましたら、お気軽にお頼り下さい。24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援致します。

お蔭様でご好評頂いております。ありがとうございます。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

PAGE TOP