クラッチレバー可動部に注油しないと摩耗・フィーリング低下を招く

クラッチレバーの可動部が錆ている状態です。グリスアップせずに使用を続けると、このようにサビて動作が渋くなります。レバー・ブラケット共に摩耗していきます。
可動部には、液体グリスを吹くか、取り外して万能グリスを塗布しましょう。グリスの方が良いですが手間が掛かりますので可動部(ブレーキレバー、クラッチレバー、サイドスタンド、センタースタンド、チェンジペダル、フットペダル、フロントフォークのオイルシール、リアショックのインナーチューブとアウターチューブ間)に液体グリスで注油しておくと良いでしょう。
サスペンションのシール関係に気を使う方は、シリコンスプレーを使用すると良いでしょう。

クラッチレバーに限ったことでは無いのですが、社外部品のクラッチレバー・ブレーキレバーは、グリスを塗布しないで取り付ける方もいらっしゃいます。サービスマニュアルに、グリス塗布の記述がされていない場合がありますので、それも原因かもしれませんが、可動部(動く箇所)全般に言える事は、グリスのような潤滑剤は必要です。

可動部に注油箇所は、具体的に以下を指します。

  1. クラッチレバー
  2. ブレーキレバー
  3. チェンジペダル可動部
  4. ブレーキペダル
  5. ステップ
  6. タンデムステップ
  7. フロントフォークのダストシールとオイルシール
  8. リアサスペンションのシール 他

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. クラッチフルード交換方法

  2. スロットルグリップの遊び調整方法

    スロットルグリップの遊び調整方法

  3. クラッチケーブルのワイヤリングミス

  4. バーエンド取り外し・取り付け方法

    バーエンド取り外し・取り付け方法

  5. クラッチレバーの遊び調整方法

    クラッチレバーの遊び調整方法

  6. キルスイッチ交換方法

    キルスイッチ取り外し・取り付け方法

  7. クラッチレバー交換方法

    バイクのクラッチレバー交換方法

  8. スイッチボックス交換方法

    バイクのスイッチボックス交換方法

  9. スロットルワイヤーの交換方法

    バイクのスロットルワイヤー交換方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご覧頂き誠にありがとうございます

ALLメンテナンスのWEBサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。拙い記事で分かり難い点有るかと存じますので、その際はお気軽にご連絡頂ければ幸いです。バイク好きの皆様のお役に立てれば幸いでございます。

純正部品のお見積もり・ご注文

純正部品のお見積もり・ご注文

最近の記事

  1. 分解前に心配なら写真を撮影する
  2. メモ書きをキーシリンダーに挿してミスを無くそう
  3. 意外と緩みやすい、サイドスタンド取り付けボルト
  4. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける
  5. バッテリー電解液の取り扱いは要注意
  6. エレクトロタップの使用は控えよう
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事ございましたら、お気軽にお頼り下さい。24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援致します。

お蔭様でご好評頂いております。ありがとうございます。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

PAGE TOP