リード板の締まり点検

リード版とは、2サイクルエンジンに使われている、混合気をエンジンに送り込む為のバルブです。4サイクルエンジンの吸気バルブといえばイメージしやすいと思います。
リード板のに隙間が発生している場合、吹き返しが発生してしまい圧縮が下がり始動しなかったり、エンジン不調の原因になります。
少しでもリード版に隙間が発生している場合は交換しましょう。
また、稀にリード版に異物が挟まっている場合がありますので、異物の点検も行いましょう。

走行距離3万キロを超えていたら、一度交換した方が良いかと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. 吸気&排気系の整備小技集

  2. 使用済みガスケットの再利用基準

  3. BMWの燃料ホースジョイント対策品への交換方法

  4. 吸・排気ポートのカーボンの様子と除去方法

  5. ジェット類・フロートバルブ新品交換の勧め

  6. エアフィルターレスは控えよう

  7. 弧を描くタイプの燃料タンクを支える方法

  8. サブエアフィルターの点検・清掃方法

  9. エアクリーナーボックスの取り外し・取り付け方法

    バイクのエアクリーナーボックス取り外し・取り付け方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. ブレーキ部品の役割をカンタン解説
  2. クラッチレバー可動部に注油しないと摩耗・フィーリング低下を招く
  3. クラッチケーブルのワイヤリングミス
  4. 2サイクルエンジンとは
  5. リザーバータンク内の負圧は、ブレーキのフィーリング低下を招く
  6. 4サイクルエンジン(4st,フォースト)とは
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事が出てきましたら、お気軽に相談して下さい。基本、24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援します。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

格安整備済みバイク情報

販売中

整備中

SOLDOUT

PAGE TOP