長く乗りたいならキャブの三又ジョイントはストックしておくべき

キャブレターの燃料を各キャブレターへ送る為の三又ジョイント。マルチ気筒であれば装着されている場合が有ります。装着されていないキャブレターもあります。
画像を拡大して頂けると分かりますが、クラックが入っています。

ひび割れや劣化していると脱着時に破損する可能性があります。この三又ジョイントは、廃盤の場合、プラリペアではガソリンに対応していないので修復不可能です。燃料を送る重要なパーツなので純正部品を使用したい所ですが、廃盤になっている場合があり、流用も難しいです。中古のキャブレターを1セット購入して対応したり、ロシアから取り寄せた事もありました。買えば1000円程のパーツですが無ければ高くつきます。

家庭用の3Dプリンターで、データだけあれば耐油性の素材で簡単に作れそうな気がしますね。

三又ジョイントの取り外し方法

ジョイントは、ペンチは使用せず、手で回転させ固着を取った後、引っ張って取り外します。浸透潤滑剤とマイナスドライバーでテコの原理を利用して外すと更に外し易いです。

ジョイント系全般に言える事ですが、中が空洞なのでペンチを使用すると樹脂ジョイントは簡単に潰れてしまいます。金属製のジョイントでも少し力を加えれば変形します。なので、脱着は慎重に行います。取り付け時、ホースがきつい場合はシリコンスプレーで潤滑するのも1つの方法です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. エンジンの始動困難、始動後アイドリングが高くなり、エンジン回転数の戻りが悪くなる

    [故障診断と対策事例]エンジンの始動困難、始動後アイドリングが高くなり、エンジン回転数の戻りが悪くな…

  2. 燃料タンクの錆は、燃料ポンプ故障の原因になる

  3. 燃料フィルターの点検・清掃

  4. リード板の締まり点検

  5. ジェット類・フロートバルブ新品交換の勧め

  6. キャブレターオーバーホール方法

    キャブレターのオーバーホール方法

  7. エアフィルターレスは控えよう

  8. サブエアフィルターの点検・清掃方法

  9. スロットルバルブの取り付け向き

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご覧頂き誠にありがとうございます

ALLメンテナンスのWEBサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。拙い記事で分かり難い点有るかと存じますので、その際はお気軽にご連絡頂ければ幸いです。バイク好きの皆様のお役に立てれば幸いでございます。

純正部品のお見積もり・ご注文

純正部品のお見積もり・ご注文

最近の記事

  1. メモ書きをキーシリンダーに挿してミスを無くそう
  2. 意外と緩みやすい、サイドスタンド取り付けボルト
  3. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける
  4. バッテリー電解液の取り扱いは要注意
  5. エレクトロタップの使用は控えよう
  6. 電球が黒くなっていれば交換
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備で分からない事ございましたら、お気軽にお頼り下さい。24時間以内にお返事致します。
ALLメンテナンスはバイクに愛情を注げるDIY整備オーナーを支援致します。

お蔭様でご好評頂いております。ありがとうございます。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

PAGE TOP