[故障診断と対策事例]ブレーキレバーを握ってもブレーキが効かない

ブレーキレバーを握ってもブレーキが効かない

目次

車両

ヤマハ srx250

YAMAHA SRX250

症状

ブレーキレバーを握っても感触が固く、ブレーキが効かず取り回しが重い。

考察

ブレーキキャリパーピストンの固着

ブレーキキャリパーの内部には、ダストシール・オイルシールが取り付けられています。
ブレーキキャリパーと各シール間、ピストンと各シール間にホコリ等の異物が入り込んでしまい、その異物がクリアランスを狭めていくことでキャリパーピストンの抵抗になりブレーキキャリパーが固着します。

画像を見る限り、キャリパーピストンは固着していそうです。

ブレーキマスターシリンダーの固着

ブレンボ ブレーキマスター2

ブレーキマスターシリンダーが、錆や腐食で固着している場合があります。
特に排気量250cc未満の車両は、車検が無いのでブレーキフルード交換しない車両があり、経年とともに腐食・錆が発生して、ブレーキマスターシリンダーの固着が発生します。

ブレーキマスターピストンの凹みにブレーキレバーが突っかかる

ブレーキレバーとブレーキマスターピストンの接触する事により、ブレーキマスターピストンが削れて穴が開くように凹みます。その凹みにブレーキレバーが突っかかり動きが渋くなります。
ブレーキレバーは、マスターピストンを垂直に力を加える訳ではありません。なぜなら、ブレーキレバーは弧を描いて動く為です。
画像が無いのでイメージしずらいですが、ブレーキマスターピストンに凹みがある場合は、ブレーキマスターピストンの交換をお勧めします。

原因

ブレーキマスターピストンの錆による固着と、ブレーキキャリパーピストンの固着でした。
原因が2つ同時に発生するケースは珍しいですが、長期保管していたとの事なので納得です。

対策

ブレーキキャリパーと、ブレーキマスターのオーバーホールを行いました。

ブレーキキャリパーのオーバーホール

ブレーキフルードを抜いてブレーキラインの清掃した後、ブレーキキャリパーピストン・オイルシール・ダストシールを交換しました。

ブレーキマスターのオーバーホール

ブレーキマスターシリンダー内のサビを清掃して、マスターピストン・オイルシール・ダストシールを交換しました。

まとめ

  • 症状:ブレーキレバーを握っても感触が固く、ブレーキが効かず取り回しが重い。
  • 原因:ブレーキマスターピストンの固着と、ブレーキキャリパーピストンの固着。
  • 対策:ブレーキキャリパーと、ブレーキマスターのシール類・ピストン交換、錆・腐食の除去を実施。

小ネタ

ヤマハ srx250

今回の参考車両であるYAMAHA SRX250は、単気筒ですがキャブレター・マフラーが2つ装着されている特殊なバイクです。
低中回転側・高回転側でキャブレターが分かれています。
今の250ccのバイクと比べると、非常にパワフルです。低回転も街中を走るには十分なトルクがあります。
高回転もある回転数以上になると高回転用のキャブ作動する事により2サイクルエンジンのパワーバンドのように切り替わりが分かり高回転で回してもトルクがあるので峠道でも面白いだろうと感じました。

結構、マイナー?で価格も手ごろなのでセカンドバイクにはピッタリの1台だと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. フロントブレーキディスク交換方法

    バイクのフロントブレーキディスク交換方法

  2. ブレーキ系の整備小技集

  3. ブレーキ部品の役割をカンタン解説

  4. フルード交換後、30分後にニップルのフルード漏れ点検

  5. ドラムブレーキ固着の大半の原因

  6. ニップルのメガネレンチに手が届かない場合のブレーキフルード交換方法

  7. ブリーダー内のフルードを吸い取ろう

  8. ブレーキペダルフィーリング向上方法

    ブレーキペダルフィーリング向上方法

  9. ドラムブレーキシューの残量点検

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご覧頂き誠にありがとうございます

ALLメンテナンスのWEBサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。本WEBサイトは、バイクの整備情報をバイクメンテナンスするオーナー様に向けて整備情報を発信しております。

拙い記事で分かり難い点有るかと存じますので、その際はお気軽にお聞き頂ければ24時間以内にお返事差し上げております。

バイク好きの皆様のお役に立てれば幸いでございます。

純正部品のご注文(14バイクメーカー取扱可)

最近の記事

  1. バイクの可動部(レバー・ペダル・ケーブル)に使用するお勧め潤滑剤
  2. 分解前に心配なら写真を撮影する
  3. メモ書きをキーシリンダーに挿してミスを無くそう
  4. 意外と緩みやすい、サイドスタンド取り付けボルト
  5. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける
  6. バッテリー電解液の取り扱いは要注意
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備・修理のアドバイス差し上げておりますので、お気軽にお頼り下さい。24時間以内にお返事をさせて頂きます。
相談費用は無料で回数制限はございません。
バイクの整備用品が必要な際は、ALLメンテナンスSHOPをご利用頂けると幸いです。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

PAGE TOP