ボクサーエンジンはオイルを消費する

バイクのボクサー(水平対向)エンジンといえば、BMWです。
横型(honda カブ等)・空冷エンジンは、縦型・水冷エンジンに比べて、エンジンオイルが減り易いです。原因は、縦型に比べて横型は重力の関係でオイルが落ちにくい。水冷エンジンに比べて空冷エンジンは、ピストンとシリンダーのクリアランスが大きく取ってあるので、オイルが燃焼室に上がってきて燃えるからだと考えられます。昔のBMW R100RSは、特に減り易かったようで、一日ツーリングに行って帰ってきたら0.5~1L程減っていたとオーナー様が仰っているほどです。現在は技術も良くなり、オイル消費量が減りました。BMWのサービスマニュアルが入手できるようでしたらそこに「オイル消費量」という項目があると思うのでご覧になってみて下さい。

画像は、R1200RTのスパークプラグ。1気筒に2つのスパークプラグが装着されているツインプラグ方式です。1つは、シリンダーと垂直に、もう1つは、斜め45度位の角度で下側から取り付けられています。このスパークプラグは、下側のもので画像拡大して頂ければオイルが付着しているのがお分かりいただけると思います。電極にはカーボンが溜まっているものが多いです。上側のスパークプラグは、オイルは付着しておらず綺麗な場合が多いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

  1. エンジンオーバーホール時、燃焼室の汚れを除去

  2. フロントスプロケット(ドライブスプロケット)交換方法

    バイクのフロントスプロケット交換方法

  3. 吸・排気ポートのカーボンの様子と除去方法

  4. オイル漏れは対策しよう

  5. オイルフィルターは、オイルを入れてから取り付け

  6. BMW ギアボックスのオイル量点検

  7. ドレンキャップのOリングにはオイルを塗布して取り付け

  8. 汎用ガスケットシートを使用した、紙ガスケットの製作方法

  9. [故障診断と対策事例]圧縮圧力が異常に低い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご覧頂き誠にありがとうございます

ALLメンテナンスのWEBサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。本WEBサイトは、バイクの整備情報をバイクメンテナンスするオーナー様に向けて整備情報を発信しております。

バイク好きの皆様のお役に立てれば幸いでございます。

最近の記事

  1. バイクの可動部(レバー・ペダル・ケーブル)に使用するお勧め潤滑剤
  2. 分解前に心配なら写真を撮影する
  3. メモ書きをキーシリンダーに挿してミスを無くそう
  4. 意外と緩みやすい、サイドスタンド取り付けボルト
  5. サイドスタンドのスプリングを簡単に取り付ける
  6. バッテリー電解液の取り扱いは要注意
「いいね!」押して頂ければ、マニアックなバイク整備情報を配信致します。

バイク整備の無料相談フォーム





バイク整備・修理のアドバイス差し上げておりますので、お気軽にお頼り下さい。24時間以内にお返事をさせて頂きます。
相談費用は無料で回数制限はございません。
バイクの整備用品が必要な際は、ALLメンテナンスSHOPをご利用頂けると幸いです。



例:VT250に乗っているのですが、3年程車庫に入れたまま乗らないでいたら、動かなくなりました。バッテリーとプラグは新品です。動くように整備したいのですが、アドバイス頂けますか?

チェックを入れて下さい

PAGE TOP